ディズニーランドにあえてベビーカーを持参して遊びにいってみた

今回は、1歳の子供がディズニーランド・ディズニーシーで快適に過ごすことができるか、あえてベビーカーを持参して遊びにいってみました。

皆さんもご存知、ディズニーリゾートのパーク内はベビーカーの利用が可能で、必要があれば1日千円で借りることができます。

ベビーカーをレンタルした日であれば何度でも借りることができるので、ディズニーランドやディズニーシーからの移動や、一時的にホテルへ戻る時も安心です。

ただし、ディズニーリゾートでレンタルできるベビーカーはあまり快適な物とは言えないので、1歳になりたての子供を慣れないベビーカーに乗せるのは不安です。

そんな訳で今回は、夢と魔法の国ディズニーランドを乳幼児が快適に過ごすために、日頃から使いなれているベビーカー サイベックス ミオスという外国製の少し大きなベビーカーを持参して2日間過ごしてみました。

ディズニーラッシュ

電車でディズニーランドやディズニーシーに遊びに行くなら、どのルートから行くのが良いのか事前にチェックするのも重要で、曜日や時間帯を考えずに京葉線や武蔵野線に乗るのは危険です。

以前、土曜日にベビーカーでイクスピアリに遊びに行きましたが、西船橋から東京駅に向かう武蔵野線の電車はかなり混雑していました。

帰りの電車も舞浜から電車に乗り込む乗客が多くて、我先に乗り込もうとする人にベビーカーを押されて、かなり神経をすり減らしたことがあります。

始発の駅から電車に乗れるのであれば、ディズニーラッシュや通勤ラッシュをあまり気にする必要はありませんが、何れにせよ帰りの電車は混雑するので、大型のベビーカーを持参する時はそれなりの覚悟が必要となります。

必要なら舞浜で電車の乗り降りをするのではなく、プラスの料金がかかりますが東西線の浦安駅か都営新宿線の一之江駅まで、タクシーを利用するという方法もあります。

そこまでコストや手間をかけたくないけどディズニーランドでベビーカーを利用したいという方は、素直に現地でレンタルした方が良いでしょう。

1歳前後はベビーカー持参が多い

ディズニーランド・ディズニーシーには乳幼児を連れでのお出かけに欠かせないベビーセンターという奇麗な授乳室があり、オムツを交換したり授乳をしたり離乳食を食べさせることができます。

嬉しいことにベビーセンターではオムツや離乳食などを購入することができるので、赤子のメンテナンス用品を忘れても何とかなります。

ベビーセンターのなかにベビーカーを持ち込む人もいれば外に停める人もいますが、1歳前後の子供連れの多くはマイベビーカーの持ち込みが多いように思えました。

大人も楽しめるディズニーの世界は、つい子供のことを忘れて楽しんでしまいますが、体の小さい乳幼児にとって長時間のお出かけは体の負担になるので、使い慣れたベビーカーを持参していつでも寝られる環境をつくるのが大切です。

我が家の娘は初めてのディズニーに興奮したのか、パーク内であまり寝ることはありませんでしたが、2回ほどぐずりだす時もありましたので、日頃から使いなれているベビーカーで寝かせたりしました。

2歳以上であればレンタルのベビーカーでも十分だと思いますが、1歳前後の乳幼児を連れてディズニーを楽しむなら、マイベビーカーがあると助かります。

ショーやパレードの鑑賞でベビーカーは使えない

小さい子供を連れてのディズニーランドに使い慣れているベビーカーがあると安心しますが、パレードやショーの鑑賞時には折り畳んだりベビーカースペースに置かなければなりません。

サポートなしで座ることのできない1歳前後の子供は、多くの動くアトラクションには乗ることができないので、ショーやパレードの鑑賞が中心になりますが、肝心のベビーカーが使えないとなると邪魔以外の何物でもありません。

だからと抱っこ紐でパーク内を移動したり、アトラクションを楽しんだりするのは大変なので、ベビーカーはあくまでも寝るための場所として用意し、抱っこが物凄く楽になるヒップシートを用意した方が良いでしょう。

赤ちゃんや子供をベビーカーに乗せて楽しむのもいいのですが、子供がディズニーの世界の目の当たりにして、どんな表情をしているのかみえないのは問題です。

仕事で子供とのコミュニケーションが不足しがちなお父さんもヒップシートがあれば長時間の抱っこも可能なので、これからディズニーランドやディズニーシーに子供を連れて遊びに行く人は是非使用してみてください。

因みに、バケーションパッケージで利用できるショーやパレードの観覧席を利用しないのであれば、レジャーシートやオペラグラスは絶対に必須なので事前に用意してください。

パーク内でもレジャーシートは購入できますが夢と魔法の世界らしい値段なので、家の近くのコンビニかネット通販で購入して持参するのがおすすめです。

乳幼児連れのディズニーリゾートを100倍楽しむ方法と役立つアイテム

2017.10.14



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*