薄毛予防効果のあるVITALISMのシャンプーを3年以上使い続けてみた

40歳を過ぎた頃から少しずつ頭の天辺あたりがさびしくなり、今まで他人事のように考えていた薄毛の恐怖に悩まされるようになりました。

そこで髪の毛の薄い部分をツンツン刺激したりマッサージしたりしていますが、残念ながらその程度の努力では薄毛の進行を食い止めることはできないようです。

最近は、髪の毛が太くなるというメディスカルプをヘアサロンでしていますが、今の所良好な結果が得られず不満と不安を抱えたまま日々を過ごしています。

今まで使用していたシャンプーは価格が高いだけに頭皮や髪の毛に良さそうという理由だけで選んでいましたが、成分を確認せずに購入した製品には薄毛を改善したり予防する効果はありませんでした。

そこで今回は、頭皮や髪の毛のことを第一に考えて、シリコンや石油系界面活性剤が含まれていないシャンプー、vitalism scalp care shanpoo menに変えてみることにしました。

頭皮がかゆくならない

人間にはおでこから頭の天辺付近と、もみあげから耳横を通り首近くの後頭部のエリアにある2種類の頭皮で分かれており、これらは全く別物の頭皮とのことです。

大切なのは抜け毛に弱い分部の頭皮を守ることで、VITALISMのシャンプーには抜け毛が加速すると言われているシリコンや、石油系界面活性剤を使用していません。

頭皮に優しい成分である、ココイルグルタミン酸2Na・コカミドプロピルベタインを使用しているからか、刺激が少なく頭皮がかゆくなりません。

石油系界面活性剤やシリコンが含まれているシャンプーを使用していた頃は、頭皮が荒れることで頭がかゆくなりフケがでましたが、40代を過ぎた今でも肩にフケが積もることはありません。

人それぞれ頭皮に合う合わない成分という物があるので一概に言えませんが、頭皮や髪の毛のことを第一に考えるなら、今すぐ石油系界面活性剤やシリコンが含まれるシャンプーを卒業してください。

髪の毛を洗う時は最初に髪の毛をよくすすぎマッサージしながらシャンプーするのが重要ですが、良いシャンプーを使用していても洗い方を違えると効果が半減しますので注意してください。

VITALISMを3年以上使い続けた結果

薄毛になりつつある頭の頂上付近を改善すべくVITALISM(バイタリズム)のスカルプシャンプーを使用してから3年以上が過ぎました。

驚く程薄毛が改善したという訳ではありませんが、薄毛の進攻具合が確実に停止したことを実感できているので、今の時点では満足しています。

ただ、この3年間シャンプーをVITALISMを使い続けただけでなく、月に一度ヘアサロンでヘッドスパをして頭皮を柔らかくしたり、スカルプ機能のあるヘアドライヤーに買い替えたりしています。

薄毛の進み具合を止めたいのであれば、石油系界面活性剤やシリコンが含まれていない良質のシャンプーを使用するのはもちろんのことですが、それ単体では限界がありそうです。

薄毛を改善したいのであれば、定期的にヘッドスパを受けて頭皮を柔らかくしたり、スカルプ効果のあるグッズを採用するなど、複合的に対処した方がより効果が出てくるのではないでしょうか。

ただ、どんなに努力しても慢性的な睡眠不足や栄養不足の状態では薄毛に影響するので、最低限の体調管理をするようにしてください。

抜け毛で悩むならスカルプケアができるドライヤーがおすすめ

2016.06.12



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*