ディズニーのかわいい姉妹のお人形レミン&ソランに娘が大喜び

女の子が遊ぶ着せ替え人形と言えばリカちゃんやバービーが有名ですが、身長が高い大人の女性の人形なのでお世話をするタイプの製品ではありません。

2歳前後の幼児が遊ぶ着せ替え人形と言えばポポちゃんやメルちゃんが人気ですが、あのディズニーからずっとぎゅっとレミン&ソランという、とてもかわいい顔をした姉妹の人形が発売されました。

今回は後追いながら人気急上昇中のディズニーのレミン&ソランのレミンを購入してみましたので、1歳の女の子にプレゼントしてみた感想などについて紹介します。

初めてのお人形選びは重要

はじめての着せ替え人形を子供にプレゼントする時に、製品を選ぶ人の好みで決めてしまう人が多いのですが、製品のコンセプトなども確認せずに購入してしまうと後悔してしまいます。

誰もが知っているリカちゃんやバービー、お友達が持っているメルちゃんやポポちゃんを選んだ方が安心と思うかもしれませんが、それぞれの製品には対象年齢と得意分野があります。

同じ人形でも2歳と3歳では遊び方が大きく違うので、2歳の子が遊ぶ初めてのお人形にリカちゃんやバービー人形を買い与えると、お世話をしながら遊ぶことができなくなります。

2歳の頃はお人形をお世話する遊びが中心ですが、3歳になるとおしゃれやごっこ遊びが多くなるので、プレゼントする時の年齢にマッチした製品を選んでください。

女の子の着せ替え人形事情

ディズニーのかわいいお人形レミンを購入する前に、比較対象としてポポちゃんやメルちゃんなども徹底的に調べたのですが、各メーカー毎に対象年齢や拡張性の違いにあるのがわかりました。

各メーカーの製品の歴史を簡単に説明すると、メルちゃんは1992年に発売、ポポちゃんは1995年7月に発売、レミン&ソランは2017年7月に発売されました。

長い歴史のあるメルちゃんやポポちゃんはオプションが豊富なのに対し、ディズニーのレミン&ソランは2017年発売とかなり後発製品なので、追加アイテムが極端に少ないという違いがあります。

対象年齢は、メルちゃん基本的に18か月もしくは3歳からの製品なのに対し、ポポちゃんは2歳もしくは3歳からの製品となり、レミンが2歳、ソランが3歳となります。

製品毎に設定されている対象年齢が違うのは、お人形の材質や付属するオプションの違いにあり、柔らかく危険性の少ないものは2歳から遊べます。

因みに、身長が高く手足の長いリカちゃんやバービー人形は対象年齢が3歳以上となりますので、少し大きくなってから遊ばせるようにしてください。

お風呂が大好きなお人形

小さな子供が遊ぶお人形で最も重要なのがお風呂にはいれるか否かで、お風呂にはいれないお人形だと子供のイヤイヤ期に利用することができません。

イヤイヤ期と言えば2歳頃から発動する成長に向けたステップのひとつですが、早い子では1歳からイヤイヤ期に突入することもあります。

我が家の娘は沐浴が大好きで1歳を過ぎても喜んでお風呂に入っていましたが、イヤイヤ期の影響なのか突然お風呂に入るのを嫌がるようになりました。

何でもイヤイヤするのも成長に欠かせないことですが、真正面から向き合うと疲れてしまうので、利用できる物はなんでも利用した方がおすすめです。

我が家はお風呂に入るのを嫌がる子供に真正面からぶつかるのではなく、レミンを利用してお風呂に入ると言うとすんなり言う事を聞いてもらうようにしています。

お風呂が苦手なお人形もある

注意しなければならないのは、ディズニーのレミン&ソランやメルちゃんはお風呂に入れられるのに対し、ポポちゃんの一部製品はお風呂に入れられない物もあります。

三つ編みができちゃう!超ロングヘアのお風呂ぽぽちゃんや、おけしょうしてあげるね!ぽぽちゃんはお風呂に入れますが、こちらの製品は対象年齢が3歳からになります。

ポポちゃんは、育児の広場やお友達の家にいけばかなりの確率で出会えるので、遊ぶ機会の多いお人形をあえてプレゼントする必要はあまり感じません。

ただ、ポポちゃんが良いという子供の意見を尊重するのも大切なことなので、もし2歳の子供にプレゼントするならお風呂でもママそっくりにお世話できちゃうぽぽちゃんをおすすめします。

因みに、対象年齢3歳のリカちゃんは基本的にお風呂に入ることができませんが、バスタイムリカちゃんはお風呂に入れることができます。

バービー人形をお風呂に入れられるか調べてみましたが、製品を販売するサイトでは確認することができませんでしたので、お風呂に入れない方が賢明なのかもしれません。

ディズニーレミン&ソランのレミンを購入

2017年に発売されたばかりのディズニーのレミン&ソランは、メルちゃんやポポちゃんの後発製品なだけに、他の製品と比べてオプションの数がかなり少なく感じます。

ミルクびん、ジュースマグ&スタイセット、はみがきセットなど、レミンを世話するオプションは豊富にありますが、ごっこ遊びに使うセットがラプンツェルすてきなびようしつのみとなります。(2018年3月時点)

こちらはレミンおせわいっぱいギフトセットと別に購入したおしゃべりいっぱい!まほうのほうせきと、ミッキー&ミニー2WAYだっこひもです。

ジュースマグ&スタイセットや、かさ&くつセットなど全てのオプションを合わせても、メルちゃんやポポちゃんのオプションの数には到底かないません。

ただ、レミン&ソランを買う最大のメリットは、白雪姫や不思議な国のアリスなどのディズニーの世界に登場するヒロインの衣装を着せることができることです。

他にもラプンツェルやティンカーベル、美女と野獣のベルの衣装もありますし、2018年3月にはアナと雪の女王の衣装も登場し、かわいい衣装のラインナップでは他のメーカーの製品に負けていません。

他におすすめなのがディズニーキャラクターズおしゃべりいっぱい!まほうのほうせきで、オプションのミルクびんや歯ブラシに取り付けることで、ディズニーのキャラクターが喋るようになります。

このまほうのほうせきは、装着するお世話グッズ毎にしゃべるディズニーのキャラクターが変わるので、全てのオプションを買い揃えたくなります。

より多くのオプションとディズニーのキャラクターを好きになってもらうという商売魂の塊の様な製品ですが、子供が喜ぶ姿をみていると購入して良かったと思える製品のひとつです。

まほうのほうせきは人形とセットで購入するのではなく、後から追加で購入してプレゼントした方が喜んでもらえるので、製品を購入するタイミングも重要です。

1歳の子供にプレゼントしてみた

今回、1歳の娘の誕生日にソランをプレゼントしたら声を上げて喜んでくれましたが、壊れるのではないかと思うくらい扱いがかなり雑でした。

男の子よりも優しい女の子とは言え、人生はじめたばかりの幼児が人形を壊れないように扱えるまでには少し時間がかかるようで、対象年齢が2歳に設定されているのは妥当だと思います。

ただ、1か月もすれば愛着がわいたのか少しずつ大切に扱うようになり、今では寝る前に布団をかけますし親がレミンを片付けると泣き出すようにまでなりました。

今では2WAYだっこひもでレミンをおんぶしながら毎日家の中をうろうろしていますし、お風呂も毎日一緒に入るくらい仲良くなりました。

今回、ディズニーのレミンを選んだのには大きな理由が二つあるのですが、ひとつは顔がとても可愛らしく娘の好みなのと、もうひとつはオプション選びで迷うことがないことです。

後追い製品なので他の製品と比べるとオプションが少ないレミン&ソランですが、それ故にオプション選びで迷うこともなく、その気になれば全て買うこともできます。

これからレミンを購入するならレミンおせわいっぱいギフトセットがおすすめで、これひとつあれば一緒にお風呂に入るのはもちろん、髪の毛をとかしたりミルクをあげたり、ベッドでねんねさせることができます。

お人形のお世話やごっこ遊びは女の子の成長に欠かせない重要な要素のひとつなので、レミン&ソランで優しい子に育つ手助けをしてあげてください。



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*