布団やマットレスのカビ対策には布団用吸湿シートがおすすめ

睡眠イメージ

昔から布団で寝るのが好きで、今でも洋室に布団を敷きながら寝ていますが、はじめてフローリングの部屋にマットレスを敷いて寝たときに、カビが発生してマットレスを台無しにしたことがあります。

布団やマットレスをフローリングに敷いて寝る時に気を付けなければならないのが湿気対策ですが、そんなことも知らずにマットレスをフローリングに敷いて寝ていたらカビが発生しました。

今まで通気性の良い畳の上で寝ていたので、布団を3日間敷いたままにしてもカビが発生することはありませんでしたが、フローリング直に布団を敷くと短期間でカビが発生します。

そこで、今回は新品のマットレスをダメにした時の経験から学んだ、布団やマットレスをカビから守る方法について説明します。

フローリングと布団は相性が悪い

フローリングは布団やマットレスとの間に隙間がないので、畳よりも通気性が悪く湿気がこもりやすくなります。

人は寝ている間に200mlという量の汗をかくと言われていますが、これらの水分は布団やマットレスの底に蓄積していきます。

フローリングに布団やマットレスを敷くことを考えて、簀の子ベッドを購入しようと何度も考えたことがありますが、掃除の時に簀の子を片付ける手間を考えると面倒です。

通気性を考えて簀の子ベッドを購入するくらいなら、普通にベッドを選んだ方が無難です。

好きな場所で自由に寝られるというのが布団の良さですが、簀の子ベッドがあると自由度が損なわれてしまいます。

畳も油断するとカビが発生する

天然い草の畳やラグは、布団やマットレスの湿気を吸収するので、フローリングよりも布団やマットレスのカビを抑えることができます。

ですが、天然い草自体がカビの栄養源となるので、畳やラグを乾燥させないで放置すると、フローリングに布団を敷くのと同様にカビが発生するので注意が必要です。

フローリングは短時間でカビが発生するものの布団だけの犠牲で済みますが、天然い草の畳はカビが発生すると畳と布団どちらもダメにしてしまいます。

そこで、少しでもカビの発生を防ぎたいのであれば、天然い草の畳やラグを選ぶのではなく、100%天然木質繊維を使用した和紙畳や琉球畳がおすすめです。

和紙畳はカビが発生しにくいだけでなく変色にも強いので、分譲住宅の和室で多く使用されています。

ただし、それでも長期間布団を敷いたままにすると、布団やマットレスにカビが発生するので、過度の期待は禁物です。

湿度が低くて天気の良い日は布団を干し、天気の悪い時は布団乾燥機で乾燥させてください。

毎日布団を乾燥させるのは大変なので、3日に1度は布団を乾燥させるようにしましょう。

マットレスを使用している場合は、マットレスを立て掛けてサーキュレーターか扇風機の風をあてるだけでも大分違います。

布団専用吸湿シートがおすすめ

カビの発生を予防するなら和紙畳がおすすめですが、畳の湿度を計ることはできないので、カビ予防に効果があるのか心配な方には、布団専用除湿シートがおすすめです。

おすすめは、東京西川の吸収シートドライウェル+で、水分を含むと変色して知らせてくれる優れものです。

ドライウェルプラス

この吸湿シートは布団と一緒に折りたたんで押入れに収納することも可能で、畳んだ布団の湿気を吸収してくれます。

また、このシートを押入れの一番下に敷くことで、押し入れ内の湿気を吸収しカビの発生を抑えてくれます。

我が家も、キングカズでお馴染みの東京西川のAirと一緒に1万円もするドライウェル+をセットで購入したのですが、過去にイワタのマットレスをダメにしたことを考えると安い物です。

皆さんも、高価な布団や畳をカビでダメにしてしまう前に、布団用の吸収シートをお試ししてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*