QNAPをHDDからSSDに変更したら最強NASが爆速に

多機能で安定性のあるハイエンドなNASとして人気の高いQNAPのNASですが、管理画面の操作をする時にストレスを感じてしまう時があります。

QNAPのハイエンドなモデルはメモリを増設できるので、他社の製品と比べると断然快適なので不満はないのですが、ディスクをSSDに交換するだけで操作が爆速になります。

今までは500GBのSSDを使用していましたが、SSDの値段が大分値下がりしてきましたので、2TBのSSDに交換してみました。

それとは別にQNAPの新たな機能として、高速なSSDをキャッシュとして使用できるファームウェアのアップデートがあり、ベースがHDDのNASを高速化させることができます。

TLCのSSDを選んだ理由

今回購入したのは、Crucial CT2050MX300SSD1という2TBのSSDで、TLCという信頼性よりも容量を重視して製品を選びました。

今回使用したSSDはTLCなので従来のSLCやMLCと比べると信頼性は下がりますが、これはあくまでも論理的に言われていることで結果は数年後にでてきます。

MLSが登場した頃も信頼性を否定する意見がありましたが、予想に反して安定していることを考えると、きっとTLCも爆発的に売れるのかもしれません。

サーバーの信頼性を犠牲にしてまでも容量を増やす必要はないのかもしれませんが、駆動系のないSSDはHDDよりも故障率が低いはずですし、ディスクのミラーリング+外付けHDDへのバックアップがあるので、実験を兼ねてディスクをTLCのSSDに交換してみました。

どの様な結果になるか年単位で時間がかかりそうですが、赤子の写真や動画が保存されているのでお亡くなりにならないことを祈るばかりです。

QNAPはディスクの交換が簡単

500GBのSSDを2TBのSSDに交換する方法は簡単で、QNAPの管理画面で2本のディスクを1本ずつ交換した後に、容量の拡張を行うだけの簡単設計です。

今回野内容は、設定方法を紹介するものではないので詳細を割愛しますが、QNAPのサイトにアクセスすれば誰でも簡単にディスクの交換ができます。

以前使用していた他のメーカーのNASは、専用ディスクでなかれば交換できませんでしたし、容量の拡張を行うことができませんでした。

その点、QNAPのNASは今回紹介したように、ディスクの交換や容量のアップが簡単にできますので、予算が限られる場合は容量の少ないSSDを最初に購入し、大容量のSSDに手が届く時がきたら交換するという方法もできます。

今回はNASのディスクとしてSSDを使用することを考えて2TBのディスクに交換しましたが、まだまだ値段が高いので1TBのSSDがおすすめです。

QNAPのディスクをSSDに交換するだけで動作が爆速になりますので、予算に余裕のある方は是非チャレンジしてみてください。

予算が的に厳しいという方は、空きドライブを利用して、安価な500GBのSSDキャッシュを利用するのも手だと思いますが、メモリの少ないモデルはSSDキャッシュが使用できないので十分注意してください。

NASのSSDキャッシュに限らず、パソコンに使用するSSDはCrucialが安定していておすすめなのですが、この度新しいモデルが登場しましたので購入した暁にはレビューを行なう予定です。

ホームサーバ(NAS)にSSDを搭載した時の効果と意味について

2018.05.10



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*