出産祝いにプレゼントされて嬉しいセンスの良い贈り物

育児経験のある人であれば、出産祝いに何を贈れば喜んでもらえるのか何となくわかりますが、単身者の方は当然ながら子供がいないので、ネットで調べたりショップのスタッフに聞いたりして、出産祝いのプレゼントを決めたりするのではないでしょうか。

親、兄弟、親戚、友人、会社の同僚など、それぞれ立場が違えば出産祝いにプレゼントするものや金額も違う訳ですが、出産祝いに贈る品を間違えると不満や負担に思われることもあります。

ここで紹介する内容はあくまでも一個人の経験や主観に過ぎませんが、今まで出産祝いで要求されたものや、実際に頂いた時に嬉しいと感じたもの、嬉しくないを通り越して負担に感じたものなどを紹介します。

評価の低いプレゼント

出産祝いを頂いた時に、正直嬉しくないものがいくつかあるのですが、その代表とも言えるのがカタログギフトです。

産後で寝る暇もない時にカタログをみながら注文する余裕はないので、申し込みを後回しにしているうちに期限が切れてしまうことがあります。

期限が切れてしまうならまだしも、お返しを贈るために頂いたカタログギフトの金額を調べなければなりませんし、品物選びが大変な割に記憶に残らないのです。

配る対象が多い結婚式の引き出物にカタログギフトを贈るのは良いと思いますが、多忙になる出産の祝いにカタログギフトを贈るのは極力避けた方が良いでしょう。

また、複数人の友人や同僚でお金を出し合いながらの出産祝いを贈ると、お返しに贈る内祝いで悩むことになるのでやめた方が良いでしょう。

その他に出産祝いで避けた方が良いのはアンパンマンなどのキャラクターもので、安くみられるだけでなく教育方針に合わあない可能性が高いので絶対におすすめしません。

出産祝いというものは、赤ちゃんというよりもお母さんが喜ぶ物を贈るのが重要なので、特別感のないアンパンマンなどのキャラクターグッズは避けた方が良いでしょう。

あるだけ助かるもの

赤ちゃんが産まれた瞬間から必要になるのが、赤ちゃん用のバスローブ、バスタオル、ガーゼタオル、おくるみ、肌着、赤ちゃん服などですが、これらのものはあればあるほど助かるので、被ることを気にせずプレゼントできます。

ただし、産まれたばかりの赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、肌に直接触れるものは全てオーガニック製品がおすすめですが、名ばかりオーガニックの製品もあるので製品選びには注意したいものです。

とりあえず出産祝いに無印やユニクロの製品をプレゼントする人はいないと思いますが、オーガニック系のものをプレゼントする時は、値段以上にショップブランドを気にして購入した方がおすすめです。

おすすめはエイデンアンドアネイのおくるみで、赤ちゃんのおくるみといえば必ず候補にあがるメーカーです。

オーガニック製品がおすすめ

実際に頂いた出産祝いで涙が出るくらい嬉しく感じたのが、代官山にあるOrganicallyというオーガニック製品を専門に扱うショップのものです。

Organicallyの出産祝いはどれも1万円近くするものですが、ここの製品を贈られて不満に思う人はまずいないと思います。

出産祝いで頂いたものは、オーガニックのバスタオルにガーゼタオル、靴下などがセットになったものですが、他にもバスローブやおくるみなどプレゼントされたら嬉しいものが多数あります。

赤ちゃんが産まれると水道料金の値段が倍以上に跳ね上がるくらい頻繁に洗濯するので、オーガニック系の製品は何度プレゼントされても喜ばれるに違いありません。

我が家では、友人の出産祝いにオーガニカリーのベビーバスローブをプレゼントしましたが、大変喜んでいただけました。

新生児の物は使用後は必ず洗わなければならないので、バスローブやタオルなどは複数頂いても重宝するので安心です。

女の子ならベビー服よりも子供服がおすすめ

新生児の頃は母乳やミルクを頻繁に吐いてしまい1日に何度も着替える必要があるので、バスタオルやおくるみ同様ベビー服は何個プレゼントされても嬉しいものです。

ただ、赤ちゃんの成長スピードは物凄く早くプレゼントされたベビー服もすぐに着られなくなるので、1歳の子供が着る80cmのサイズを贈るのがおすすめです。

ブランド物のベビー服はあると大変嬉しいのですが、新生児の頃は頻繁にお出かけしませんし、乳児期の女の子でも髪の毛が短いので違和感を感じてしまいます。

女の子か男の子か見分けが付かない時期の赤ちゃんですが、1歳になると急激に女の子らしく成長するので、ブランド物のお洋服がとても良く似あいます。

1歳を過ぎると背が伸びるスピードがやや落ち着いてくるので、お出かけの時に着てもらえる80cmの服をプレゼントするのがおすすめです。

1歳の子供服ブランドにはプチバトーやファミリア、ハッカベビーなど沢山ありますが、女の子に一度は着てもらいたいブランドはタルティーヌエショコラです。

こちらの服は1歳の誕生日を祝うために購入した80cmの秋物ですが、上下セット、カーディガン、靴下で3万円を軽く超えてしまいました。

流石に出産祝いにここまで高価な物を贈るのは難しいという方は、1歳の頃に着られる服をセールのタイミングで購入するのがおすすめです。

子供服を買うなら店舗で購入した方が無難で、高島屋や三越が品揃えが多いのでおすすめですが、購入する前に必ずブランドの公式サイトでセール情報を確認してください。

お母さんが使うもの

出産祝いは何も赤ちゃんが使うものに限定する必要はなく、お母さんが使えるものを選んでプレゼントするのも良いでしょう。

赤ちゃんが産まれると、やることや買わなければならないことが多く、外出先で使う授乳ケープまで気が回らないことがあります。

赤ちゃんが産まれた1か月後には健診が始まり、6か月、9か月、12か月と定期的に病院へいかなければならないので、授乳ケープが必要になります。

仮に授乳ケープを用意していたとしても、複数所持していても困るものではないですし、お洒落したいママさんは可愛いデザインの物なら喜んでくれます。

授乳ケープは意外と地味なものが多いので、おしゃれなものを探してプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

授乳ケープのおすすめは、手ごろな値段でありながらかわいいデザインの多い、Sweet Mommyの製品がおすすめです。

電化製品も人気

赤ちゃんが産まれた瞬間に必要になる家電と言えば、スティックタイプの掃除機、空気清浄機、浄水器、布団乾燥機、洗濯機、大容量の冷蔵庫など、それなりに高額な電化製品が欲しくなります。

電化製品を出産祝いに贈る時は事前確認は絶対に必要ですが、これらのものを自腹で揃えていては大きな金額になるので望む人は結構います。

実際に今まで身内の出産祝いで要求された電化製品は、ダイソンのハンディタイプの掃除機、マルチピュアジャパンの浄水器、ダイキンの空気清浄器を要求されたことがありました。

我が家では、出産後に自腹で布団乾燥機や衣類乾燥除湿器を購入したり、大容量の洗濯機に買い替えたりしました。

ハンディタイプの掃除機はダイソンだけではない何でも良いのですが、産後はとにかく髪の毛が抜け落ちるので、こまめに掃除できる掃除機があると便利です。

浄水器はミネラルウォーターがあれば不要ですが、完全母乳とはいかない赤ちゃんの授乳に必要不可欠で、水道水をそのまま浄水器にかけずに飲ませるのはおすすめできません。

空気清浄器は、部屋の空気をクリーンな状態に保つことで赤ちゃんがハウスダストを吸わないようしたり、乾燥した冬の空気中に漂うウイルスをキャッチして風邪を予防するために必要です。

布団乾燥機は、赤ちゃんを冷えた布団に寝かせるのはかわいそうですし、汗をかく量が多い赤ちゃんの布団は毎日乾燥させないとカビが発生するので重宝します。

梅雨や夏の洗濯物は乾かすのに苦労するので、衣類乾燥除湿器などもプレゼントされるとうれしいかもしれません。

電化製品を出産祝いでプレゼントするのは稀なケースですが、意外と喜んでもらえるものでもあるので、贈り物に悩む時は直接聞いてみるだけの価値は十分にあります。

洗濯物を効率よく乾かす季節に適した乾燥家電の選び方

2017.06.10



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*