ぽっちゃり系赤ちゃんの脚におすすめなカリブのベビーチェア

赤子の月齢が4か月を過ぎた頃から座りたがりの様相をみせるので、赤ちゃん用の椅子を買うことにしたのですが、どの製品を購入すれば正解なのか使うまでわからないのがベビー用品です。

赤ちゃんの椅子選ぶ時に、テーブルでご飯を食べることを考えるとハイチェア、椅子に座りながら遊ぶことを考えるとローチェアという感じで、どちらを優先して買うべきか悩んでしまいます。

テーブルでの食事で使えるものを基準に考えると、本命はストッケのトリップトラップかベビービョルンのハイチェアがベストですが、腰がしっかり据わるまでは必要ありません。

ぽっちゃりな脚にはカリブ

赤ちゃんの椅子で有名なバンボを知人に勧められたのですが、ハムのような我が子の太い脚で座れるとは思えませんし、値段の割には長く使えないという話をよく聞くので、別の製品を探すことにしました。

とりあえず全ての条件を満たすものを探していると時間がかかるので、安くて今すぐ使える製品を探していると、バンボに似たカリブという赤ちゃん用のイスにたどり着きました。

見た目はバンボと似ていますが、バンボよりも値段が安く我が子の太い脚でも入りそうなので即買いしました。

カリブの太もも部分は幅が約6.5cmなので脚の太い生後4か月の我が子でも問題なく入りましたが、お尻から膝の後ろ(ひかがみ)までの距離が約25cmあるので、少し足を延ばしながら座るという感じです。

腰が据わらない月齢だと傾いてしまうので長時間座らせることはできませんが、一日中寝ていることしかできない赤子は大喜びです。

カリブにはテーブルが付属していますが、テーブルをはめると座らせるのが大変なので最初は使用しないでいましたが、これが失敗の原因になりました。

いざカリブのベビーチェアで離乳食を食べさせようと、テーブルを装着したところ物凄く嫌がだしたので、食事の時にカリブは使わずに座りたがる時にだけ使うようにしました。

仕方ないので腰が据わるまではカリブで座る練習をして、離乳食をストッケのトリップトラップで食べさせるようにしました。

関連記事

ベビーチェアで人気なのがベビービョルンのスタイリッシュなハイチェアですが、今回はデザインよりも長く使えるという点を重要視して、ストッケのトリップ トラップを購入しました。価格やデザイン重視でベビーチェアを選ぶとベビービョルンになりま[…]

赤ちゃんは寝るのに飽き飽き

生後5か月くらいの赤ちゃんは立つことも動き回ることもできないので、椅子という道具の力を借りながらも座ることのできるカリブに大喜びしていまいした。

今までは朝起きれば縦抱きの要求ポーズが始まり、寝かそうとした瞬間に背中スイッチ発動という感じで休む暇が全くありませんでしたが、カリブを購入してからは5分程度の休憩を頻繁にとることができるようになりました。

赤ちゃんを椅子に座らせたりうつ伏せにしたりすることで、今までとは違う視点で世界をみることができるようになるので、赤ちゃんの脳の活性化に役立つこと間違いありません。

子供の成長はとにかく早いので、ベビーグッズは適切な月齢を迎える前に揃えて、のびのび育つ環境を整えてあげたいものです。

因みに、旅行先で有名なバンボに座る機会がありましたが、やはりカリブより足の幅が細く座らせるのに大変苦労しました。

ベビー用品を購入する時は失敗しないように定番な製品を購入しがちですが、必ずしそれが正解につながるとは限らないのでよく考えてから購入してください。

カリブ ソフトチェアー トレイ付 オレンジ

カリブ ソフトチェアー トレイ付 オレンジ

3,980円(04/08 20:44時点)
Amazonの情報を掲載しています