玄関と下駄箱の整理から学ぶ部屋を効率的に片付ける方法

来客がある時は、リビングやトイレはもちろん、洗面所や玄関まできれいにしなければならりませんが、片づけるのが苦手だとお客さんを招き入れるのが嫌になります。

特に家の顔でもある玄関が汚れたままだと、リビングや客間が奇麗でも印象が悪くなるので、まずは玄関が散らからない仕組みにするのが重要です。

お友達を家に招く程度ならまだしも、住宅を売却する時の内覧で玄関が整理されていないと、住いを大切にしていないのではと思われてしまいます。

今回は、部屋がいつまでも片付けられないという方のために、下駄箱という靴に特化した収納を利用した整理整頓方法について紹介します。

片付けが苦手な人の特徴

部屋の整理整頓が苦手な人は、物を収納する場所のテーマを決めずに、空いているスペースがあれば何でも物を入れてしまいます。

これでは、物が分散してどこに何があるかわからなくなりますし、必要な時に物を探し出せなくて同じものを買う羽目になるので、ますます部屋が物であふれてしまいます。

やがて収納するスペースがなくなると、小物を入れる箱を購入したり平積みしてなんとなく片付けた気持ちになりますが、これでは根本的な解決にはなりません。

使いたい物が本来あるべき場所にないと、しまい込んだ人しか物のありかがわからないので不便ですし、全く使われないまま何年もの時が流れて朽ち果ててしまうのです。

整理整頓が苦手な人の玄関は、足の踏み場がないくらい靴が多いので、下駄箱という狭いスペースを練習場にして物を片付ける方法を学べば、きっと他の部屋も片付けられるようになるはずです。

玄関と下駄箱で整理整頓の基本を学ぶ

玄関の整理整頓で気をつけたいのは、基本的に靴は下駄箱だけに置くようにし、玄関には一足も靴を置かないことです。

趣味で靴を部屋に飾る人もいますが、基本的に靴は誰しもが玄関に置くものだという認識があるので、整理整頓の基本を学びやすい場所です。

整理整頓で重要なのは、物を入れる収納場所のテーマを決めて、収まる分だけものを所有するのが重要なので、お客さんに下駄箱のなかをみられても恥ずかしくないように、古くて履けない靴は処分してください。

部屋の整理整頓が苦手という方は、下駄箱という靴に特化した収納スペースを整理するこおとで、家全体を片付ける方法を学ぶことができます。

下駄箱の上段はみせる収納

まずは玄関に靴を出したままにならないように、古くて履けない靴は処分して下駄箱内に靴が全て収まるようにしてください。

気を付けなければならないのは、必要な靴でも箱に入れたまま下駄箱に入れるとスペースを圧迫するので、必要最低限の数だけ箱を残して後は処分してください。

片付けが苦手な人は、箱を捨てるのに抵抗を感じで他の物を入れたくなりますが、余計に部屋が散らかるので躊躇せずに捨ててください。

ポイントは、下駄箱を開けた時に一番目に入りやすい段は、靴を横に並べて見た目が良くなるように工夫することです。

靴を並べて収納する時は、下駄箱内が汚れないように、キッチンや押し入れなどにも使えるシートを敷くのを忘れないでください。

中段は靴を多く入れる

上段のような入れ方をしていると靴が全く入らないので、中段は工夫をしてより多くのものを入れられるようにしましょう。

収納が大きい豪邸なら、靴を箱に入れたまま下駄箱に入れた方が見栄えが良い時もありますが、我が家のようにスペースが限られる下駄箱の場合は、収納できる靴の数が少なくなります。

そこで重宝するのが、靴を重ねて収納できる便利グッズで、靴片方のスペースで1足を収納できるので、より多くしまうことができます。

我が家の下駄箱は、靴を横に並べると最大で3足しか収納できませんが、この便利アイテムを使うと倍の6足収納することができます。

ただし、見た目がい美しくないので、目線の高さの段には靴箱や状態の良い靴を並べて収納し、サンダルやスニーカーなどの重ねて収納できる物は、視界に入らない胸よりも低い段に置いてください。

下駄箱のスペースを効率よく収納♪靴収納スペース1/2≪12足セット≫
  • ナガシオ
  • 価格: ¥ 2,489
  • 販売者: ハンガーのながしお 長塩産業株式会社

下段には縦長の靴を置く

下段にブーツを置くのは、長めの靴だと特に臭いが気になるので、下駄箱の上段に置くよりも臭いが流れやすい下段に置いて、対策をした方が効果的だからです。

また、冬はブーツに偏ることが多くなりますが、それ以外の季節はスニーカー、ヒール、サンダルなどが主流になるので、利用頻度を考えるとすぐに取り出しやすい場所になくても平気という判断もあります。

一番避けたいのは、ブーツを横に倒して収納することなので、高さに余裕を持たせてた上でブーツキーパーを使用してください。

ロングブーツ用シューキーパー 【pedag】ペダック ブーツキーパー(ドイツ製)
  • ペダック
  • 価格: ¥ 2,380
  • 販売者: ハンガーのながしお 長塩産業株式会社

因みに、この下駄箱は4枚の板がありますが、ブーツなどの縦長の靴を収納することを考えると、一番下から高さの調整を行う方がやりやすくて手間がかかりません。

臭い対策も忘れずに

我が家では、ブーツを置く下段にエコカラットのタイルを集中的に置いて、良い香りのする芳香剤を上段に置いて臭い対策をしています。

玄関をきれいにしても下駄箱のなかから悪臭がしては台無しなので、芳香剤か臭いを吸収するシートを使用してください。

臭いがするのは何もブーツだけでなく、梅雨の長雨で濡れたものを放置すると、どんな靴でも悪臭を放つので布団乾燥機を使用して、こまめに乾燥させるのが大切です。

靴を乾かすなら、プラズマクラスターで消臭したり、スポットであたためることができるシャープ製の布団乾燥機がおすすめです。

玄関や下駄箱の整理をすることで、整理整頓に必要な収納にテーマを決めて使いやすくすること、不要な物を捨てる重要さ、見せる収納と物を並べてより多くのものを入れる工夫する方法を学ぶことができます。

関連記事

ジメジメした寝心地の悪い布団をふっくらな状態に戻してくれる布団乾燥機は、睡眠を快適にしてくれる素晴らしい電化製品ですが、使用目的や製品選びを間違えると失敗してしまいます。これを買えば間違いがないという布団乾燥機は今のところなく、熱風[…]