妊婦健診を含む聖路加国際病院での出産費用まとめてみました

昨年は10月に娘が産まれたので医療費控除を受けるための確定申告を済ませたのですが、1年間に支払いした医療費を全て計算してみると1,324,712円でした。

これは、聖路加国際病院で出産した時の入院費用だけでなく、聖路加助産院 マタニティケアホームのショートステイ費用や、不妊治療クリニックでの妊娠確認、タクシーを利用した時の交通費が含まれた金額です。

よって、聖路加国際病院で出産するための費用に限定して計算すると100万円にも満たない費用で済みますが、いずれにせよ出産には大きなお金が必要になります。

このサイトで、聖路加国際病院で出産した時のことを紹介しているのですが、費用がどれくらいかかるのかという問い合わせが多いので、各段階毎に費用を計算してみました。

無痛分娩について自然な出産にこだわり続けていた聖路加国際病院も2017年から無痛分娩の提供を開始したことにより更に人気の高い産院となりました。

無痛分娩スタートで人気急上昇な聖路加国際病院での出産について

2018.11.10

妊娠認定されるまでの費用

不妊治療クリニック通いをしていたため、妊娠検査薬で妊娠を確認したからと直ちに出産する産科を探すのではなく、医師に妊娠判定をしてもらう必要があります。

妊娠判定4回で1万円以上の費用がかかりましたが、毎月漢方薬や先の見えない不妊治療クリニックの費用に10万円近くお金をかけていたことを考えると、1万円という金額は微々たる金額です。

2月は、妊娠再診や転院する病院の紹介状の費用を合わせても15,120円と、とてもお財布に優しい月でした。

人気抱っこ紐とヒップシートの使い心地をスコアチャートにしてみた

2018.08.31

妊婦健診初診から退院まで

ここからが本題になりますが、聖路加国際病院での妊婦健診初診から、出産・退院するまでにかかる費用を表にしてみました。

聖路加国際病院に支払いした費用は、基本的に妊婦健康診査受診票の助成額と、42万円の出産育児一時金を差し引いたものです。

医師による妊娠判定が確定した方は、速やかに区役所などに申請して妊婦健康診査受診票を受け取るようにしてください。

3月から開始した妊婦健診は合計で12回なので、ネットに書かれていた妊婦健康診査受診票の残りを換金してくもらえるのか区役所で確認してみましたが、シュレッダーにかけてくれと言われました。

4月には、母体や胎児を傷つけるリスクのない胎児染色体出生前検査と遺伝カウンセラーを受けいるので、追加で199,800円の費用が発生しております。

聖路加国際病院の遺伝カウンセラーは、胎児の染色体出生前検査をするだけの場ではなく、人が産まれるという奇跡な出来事を数字で客観的に説明してくれます。

時には、厳しい現実に対して前向きになれない人がいることや、お腹のなかの赤ちゃんのために大変な覚悟をされる方の話など、聖路加国際病院内で実際に起きている出来事なども教えてくれます。

最終的にどうするかは夫婦で決めることですが、遺伝カウンセラーを受けることで命の尊さや奇跡、親になるための覚悟を学ぶことができるので、決して20万円という金額は高くないと思いました。

6月には、お腹のなかの赤ちゃんのリアルな顔や動きがみられる、4Dエコーの受診をしたので追加で8,000円の費用が発生していますが、父親になる自覚が倍増するので絶対におすすめです。

7月に軽い出血で外来したのと、10月の妊婦健診の時に羊水過少で緊急入院しましたが、妊婦健診時には胎動も激しく比較的安定していました。

10月の妊婦健診で羊水過少が判明し、緊急入院してから陣痛促進剤で急遽出産をすることになりましたが、5日経過しても産まれないので最終的に帝王切開に踏み切りました。

聖路加国際病院に5日も入院を延長すると家計が破綻すると思いドキドキしていましたが、出産一時金を差し引くと自己負担額が50万円弱で済んだので安心しました。

今回は帝王切開ということもあり、2社分の保険給付金やその他に支給された手当を考えると、自己負担金は十数万円程度になりました。

因みに、出産のための入院期間中に重宝したのが、陣痛の合間に飲み物を飲む時に使えるペットボトルストローと、東京西川のポータブルAirです。

スケーター ストローホッパーキャップ ピンク

スケーター ストローホッパーキャップ ピンク

442円(11/13 12:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

お産をするなら必ず揃えたい出産に役立つ便利グッズランキング

2016.10.12

聖路加産科クリニック滞在

退院後、栄耀バランスの良い食事を自宅で用意できるか不安でしたので、聖路加産科クリニックに2週間のショートステイをすることにしました。

入院料の他に追加の食事代1回と検査費用を含めると30万円近い費用がかかりましたが、赤ちゃんの世話に専念できることを考えると決して高い費用ではありません。

諸々の手当は出産後に申請をしてから支給されるので、出産のための入院やショートステイをするための費用として、とりあえず100万円手元に置いておけば安心です。

ただし、入院などの高額な医療費の支払いは、現金よりもマイレージなどのポイントがたまるクレジットカードの方がお得です。

産院ドクター推奨の妊娠前と妊娠中に飲むべきサプリメント

2017.01.20

妊婦中に利用したタクシーの回数

妊娠してから数か月は電車で通院していましたが、お腹が大きくなるにつれて外を歩くのが危険だと次第に強く感じるようになり、妊娠中期以降はタクシーだけを利用しました。

一度は、座席に座る妊婦のお腹に倒れ掛かるように手をついてきた人がいて、激しく激怒したことがあるのですが、それ以降電車やバスを利用するのが怖くて、妊婦検診には毎回タクシー利用です。

14回タクシーを利用しただけで58,750円もの費用がかかりましたが、当時はデング熱やジカ熱などの騒ぎもあり、お腹のなかの赤ちゃんの安心をお金で買えるならタクシー代なんてものは安いものだと思いました。

出産予定日3か月前までに必ず揃えたい使えるベビー用品まとめ

2017.09.28

その他の医療費

健康な赤ちゃんを産むには、妊娠した人だけが病気にならないように気を付ければ良いという訳ではなく、周囲の人も感染する病気を持ち込まないように気を付けなければなりません。

特に、風疹や麻疹などの病気は、お腹のなかの赤ちゃんへの影響が大きいので、必ず風疹や麻疹ウイルスの抗体があるか、家族全員検査しましょう。

今でこそ感染予防が重要視されてきましたが、その様な意識がない人も多いので、寒い季節は人混みを避けるなどの努力が必要です。

今回の内容は以上となりますが、細かい情報が抜けているので、随時アップデートしてきます。

失敗から学ぶ赤ちゃんの手形・足形を残すおすすめメモリアルグッズ

2018.05.29

 



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*