5kg3千円越えの新潟県産 産地直送コシヒカリを食べてみた

今まで何も考えずにお米を近所のスーパーで購入していましたが、世の中には美味しいお米があるはずだと、離乳食を作りだしてから気が付きました。

お米が大好きなのに、何十年も美味しいお米を探していないことに気が付き、何か人生を損している気分になりましたので、早速Amazonでお米を注文してみました。

今まで好んで食べていたお米はあきたこまちですが、今回試しに注文してみたのは新潟辰巳屋の新潟県産コシヒカリです。

Amazon発送が産地直送なのかという疑問もありますが、今回は赤ちゃんの離乳食で食べるおかゆに使用するということもあり、5kgで3千円以上もするお米を選びました。

新潟県産のコシヒカリ

こちらは新潟辰巳屋のコシヒカリですが、袋はビニールではなく和紙の様な紙なので少し高級感を感じます。

裏には産地、品種、産年、内容量、精米年月日などが書かれています。

お米と一緒に手書きをコピーしたようなメッセージの紙と、お米の美味しい炊き方に関する説明書が同梱されています。

こちらは袋から出したものですが、今までお米に無関心だっただけに、素人には見た目でお米の良し悪しはわかりませんでした。

見た目でわからないのであれば食べてみればいいだけなので、お米を美味しく炊くための説明書に従いながら早速炊飯器で炊いてみました。

美味しいお米を炊くには冷たいお水は必須で、我が家では天然アルカリ温泉水の財宝でお米を炊いています。

水道の浄水器でお米を炊くのもいいのですが、東京の水道水は美味しくないですし、春になると水道水の温度が上昇するので、冷蔵庫で冷やされたミネラルウォーターがおすすめです。

3千円越えコシヒカリを食べた感想

炊いたコシヒカリの写真は後日掲載しますが、正直にいうと期待していただけに飛びぬけて美味しいという感じる程ではありませんでした。

試しにIH炊飯器で早炊きしてみたり、極うまで時間をかけて炊いてみたりしましたが、いつも食べているあきたこまちの方が自分の好みに合います。

決してまずくはないのですが、これが本来のコシヒカリの味なのか甘味とは違う、何とも表現のしようがない味があるのです。

炊き方は何度か変えてみたので、今度はお水をかえて炊いてみたいと思うのですが、財宝より美味しくお米が炊けるミネラルウォーターを探す自信がありません。

我が家の赤ちゃんは相変わらずおかゆが好きで、もぐもぐ美味しそうに食べているので結果的には良いのですが、これが3千円というのが正直な感想です。

コシヒカリのお米が必ずしも美味しいとは限らないということが今回の件で判明しましたが、少なくとも安いお米を食べて後悔したくないので、これからもお米にはお金をかけるようにします。

お米は研ぎ方やお水をかえるだけで味もかわるので、一度食べて判断するのではなく色んな方法を試しながらベストな炊き方や食べ方を摸索してみるのも楽しみのひとつです。

美味しいお米を炊く条件のひとつに美味しいお水は絶対に欠かせない要素なので、浄水器や財宝という天然アルカリ温泉水などの美味しいミネラルウォーターを使用することをおすすめします。

関連記事

長年愛飲していたウォーターサーバーを解約し、全国の美味しい水を探し求めていると、天然アルカリ温泉水の「財宝」にたどり着きました。ミネラルウォーターの種類には、ナチュラルウォーター、ミネラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ボ[…]