子育て伝説

40代からスタートした子育ての記録

未分類

生後2ヶ月の赤子がモノマネする一発屋芸人のネタ

赤ちゃんに対するイメージは、飲む、寝る、出す、泣くができるくらいで、知能的な成長を見せるのは3歳くらいからだと思っていましたが、生後2ヶ月に満たない赤子が親の真似をするようになりました。

最初は偶然だと思っていたのですが、泣き叫ぶ赤子にテツandトモのなんでだろう~を踊ると、赤子も真似して手足をバタバタさせます。

この程度なら単なる偶然だと思うのですが、試しに小島よしおの「そんなの関係ねぇ」を振り付きで披露すると、赤子も片足だけで地団駄を踏むようなそぶりをします。

他には、レギュラーの「あるある探検隊」に良く反応しますし、藤崎マーケットの「ラララライ体操」にも良く反応します。

以上が、まだハイハイもできない赤子が手足をバタバタさせて真似する一発屋芸人のネタですが、大好きなテツandトモは営業で大成功しているそうですし、小島よしおも何度も再ブレイクを果たしているので、厳密に言うと一発屋芸人のネタではないのかもしれません。

因みに生後2ヶ月の赤子が全く反応しないギャグは、アンガールズと、ダンディ坂野の「ゲッツ!」、エドはるみの「グゥ~」などを考えると、比較的動き激しいギャグがお好みのようです。

みなさんも、赤子がどのくらい成長したのか確認するために、一発屋芸人のギャグをしてみてはいかがですか?

因みに子供は気に入ると何度も要求してきてかなり体力を消耗するので覚悟が必要です。

-未分類