子育て伝説

40代からスタートした子育ての記録

未分類

絵本の名作3びきのやぎのがらがらどんを赤子が本気で嫌がる

絵本の名作3びきのやぎのがらがらどんを月齢2ヶ月の赤子に見せたところ、独特なタッチの絵やトロルが嫌なのか、絵本から目を背けて一切みようとしません。

話が面白くないし突っ込みどころのある絵本なので、赤子に見せる予定はありませんでしたが、思い出補正のある嫁が購入してきたので、試しに読ませてみたのです。

その日の夜は悪夢うなされたのか珍しく寝ている時にふえっと泣き出したので、それ以降3びきのやぎのがらがらどんは我が家では禁止にしました。

ただし、子供のころの思い出というのは大切で、自分が子供の頃に読んだ絵本を自分の子供に読んでもらいたいと思う気持ちは素敵だと思います。

最近の絵本は大人が読んでの面白いものや、0歳児でも楽しめるものが多いので、つい絵本を購入してしまいます。

将来的には、子供が多くの本のなかから好きなものを選んで読むことができるだけの本を数多く揃えるのが目標です。

とりあえず月齢3ヶ月の赤子に人気なのが、もっといろいろばあ、ばっばばーん、ピヨピヨスーパーマーケットでしょうか。

月齢2ヶ月くらいの子は複雑な絵の絵本より、もっといろいろばあのような単純な絵が好みのようですが、少し難しい絵のピヨピヨスーパーマーケットは好評のようです。

今はまだ思い出になる年齢ではありませんが、自分の子供が自分の子供に読ませてあげたいと思えるような思い出となる絵本を沢山用意したいものです。

 

 

-未分類