2017年おすすめの家庭用無線LANアクセスポイント

家庭用無線LANアクセスポイントの定番と例えば、バッファローやNECですが、その他にもプラネックス、ネットギア、エレコム、ロジテック、コレガ、ASUSなど多数のメーカーが販売しており、どれを選べば良いのかわからないのが普通です。

仕事の関係上、家庭用・企業用問わず数多くの無線LANアクセスポイントを使用しておりますが、無線LANアクセスポイントほどメーカー毎に特徴が違う製品は珍しいと思いのではないかと思います。

そこで今回は、今まで数々の無線LANアクセスポイントを導入した経験をいかし、家庭用でも安定しているおすすめの製品を紹介します。

スマホや家電接続に強い2018年おすすめの家庭用無線LANルーター

2018.01.01

11ac対応がおすすめ

無線LANの規格がかわると通信速度がかわるので、常に最新の規格に対応した製品を購入することをおすすめします。

ひと昔の無線規格である802.11gは、54Mbpsの速度がでるので十分速いと言われていましたが、プレイステーションオンラインなどの高画質な動画配信サービスの視聴をすると、バッファが頻繁に起こりストレスを感じます。

もう一つ上の11nという規格であれば動画の視聴も快適になりますが、どうせなら高速な最新規格である11acに対応した、無線LANアクセスポイントの購入をおすすめします。

まだまだスマートフォンやゲーム機など、11acに対応した製品は多くありませんが、ノートパソコンなどは標準で搭載されつつあるので、今のうちから11acに対応した無線LANの環境を構築するのがおすすめです。

おすすめの無線LAN製品

趣味や勉強でネットワークの仕組みを詳しく知りたいのなら、YAMAHAの無線アクセスポイントとルーターをセットで購入するのがおすすめですが、普通にご家庭で安定して使いたいのであれば、NECの製品が一番安定して動作するので絶対におすすめです。

ヨドバシカメラなどにいくと、バッファローの製品が多数並んでいて良さそうにみえますが、無線アクセスポイントの動作が不安定で、何度も泣かされたことがあります。

また、コレガなどの低価格すぎる無線LANアクセスポイントやプラネックスの様な、高度なネットワークの設定ができる製品でも不安定で通信が途切れる製品も多く存在しますので、価格や機能に惑わされないようにしなければなりません。

その点、NECの無線アクセスポイントは、企業用の無線アクセスポイントを導入できない小規模な店舗でも安定して使えますし、我が家でも毎日通信が切れることなく快適に動作しています。

今までNECの家庭用アクセスポイントを導入したのは15台ですが、どれも故障することなく安定して動いております。

無線アクセスポイントの規格は頻繁にバージョンアップされたので3年周期で交換していますが、NECの無線LANアクセスポイントは、どれも安定して動作してくれました。

今発売されているNECの無線LANアクセスポイントでおすすめなのは、NECのAtermシリーズである、WG2600HP2がおすすめです。

NEC Aterm WG2600HP2

NEC Aterm WG2600HP2

13,895円(09/20 12:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

通信というのは安定して接続できると何も感じませんが、途切れたり全くつながらない状況になると、ものすごくストレスを感じますので、是非Atermシリーズを購入してください。

無線通信が不安定な場合

安定動作のNEC製無線LANアクセスポイントでも、利用する通信規格や障害物が多い環境では、通信が途切れることがあります。

一番の原因になりやすいのは家庭内の電子レンジで、11gなどの2.4GHz帯の無線規格を使用している端末の近くで電子レンジを使うと通信が切れてしまいます。

他には、無線LANアクセスポイントの設定に、チャネルの選択メニューを確認し、自動に設定されているか確認してください。

周囲のアンテナ数やチャネルの利用状況にもよりますが、多くの方は自動選択か1チャネルに設定していると思うので、2.4GHz帯を使用する場合は11チャネル固定をおすすめします。

これは、NECの無線LANアクセスポイントに限らず、どの製品にも言えることなので、無線通信が途切れる方はチャネルの設定をご確認ください。

それ以外に考えられるのは、無線の電波というものは障害物に弱いので、扉などや階が違う場所からアクセスする場合は電波が切れてしまいますので、中継器や子機などを合わせて利用してください。

中継器や子機が簡単に使えるのもNECのAtermが得意としますので、戸建てにお住まいの方は中継器や子機とセットでのご購入をおすめします。

2017年おすすめの無線LANルーターとしてNECのAtermを紹介していますが、無線LANの製品はどれを購入しても同じという訳ではありません。

有線LANとは違い目に見えない電波を使用する製品を選ぶのは意外と難しく、みかけだけの性能表示に騙されてしまうことがあります。

何故NECの無線LANルーターを推奨するのか具体的に知りたい方や、2017年後半から頭角を現してきた製品について知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

知らないと失敗する家庭用無線LAN(Wifiルーター)の選び方

2017.12.27



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*