子育て伝説

40代からスタートした子育ての記録

未分類

最高にスタイリッシュでドイツなベビーカーCYBEX MIOSを買いました

2017/03/28

3月も終わりに近づき、そろそろ暖かくなるということで、赤子のために初めてのベビーカーを購入しました。

別サイトですが、CYBEX MIOSの購入レポートをこちらに簡単にまとめてみました。
vezloaforce.jp/takehiro/7745-1/

システムの都合上、リンクをはれないので、上記URLをコピーしてからアクセスしてください。

赤子は10月生まれなので、暖かくなる生後6か月になるまではベビーカーを買うつもりはなく、散歩に行くときはベビービョルンのベビーキャリアで外出していました。

ベビーカーの知識がないので、エアバギーココプレミア、グレコ、マイクラライト、BABYZEN YOYO、ベビーホーム、アップリカ、baby joggerなど、ありとあらゆる製品をみて回りました。

2017年の3輪ベビーカーは、タイヤが空気なしになるなど、振動に強い反面不便と感じていたタイヤのメンテナンスが不要になり、魅力ある製品になりましたで、CYBEX MIOS(サイベックス ミオス)が発表される前までは、三輪ベビーカーを購入する気でいました。

3月に発売されたばかりのCYBEX MIOSをみた瞬間、これだと思い日本橋の三越でさっそく購入してきました。

今日発注で、商品の到着が7日~10日ということで、CYBEX MIOSを使えるのは当分先の話になりますが、納品の連絡がくるのが楽しみです。

ベビーカーをCYBEX MIOSにしたポイントはいくつかあり、ショックを吸収するサスペンションや、自立して立たせることができる点、改札口も楽に通ることができる幅など色々ありますが、一番の大きなポイントはデザインです。

価格は込々で10万円と若干高めに設定されていますが、出たばかりの製品ということで、他の人と被らないのが最大の魅力です。

CYBEX MIOSが到着しましたら、別のブログで詳しく紹介したいと思います。

CYBEX MIOSは、2017年のベビーカーで最も人気が出そうな予感がします。

因みに、サイベックスミオスで検索した時に、検索トップページに表示されるストア価格8,600円をみて、オプションだとは知らずに慌てて購入しようとしたのはここだけの秘密です。

-未分類