子育て伝説

40代からスタートした子育ての記録

未分類

赤ちゃんのことを思う親のエゴや自己満足は大切だと思う

エゴや自己満足という言葉はネガティブなイメージがありますが、赤ちゃんにとっては決して悪いことではないと思います。

エゴや自己満足というのは何かをしたい、何かをしてあげたいという気持ちの表れてで、世の中の仕組みや物事の良し悪しがわからない赤ちゃんの自己主張は限られるので、代わりに何かをしようと考えてあげるのは重要だと思います。

赤ちゃんや子供のためにコンサートに出かけたり、英語の教室に通ったり、水泳に通わせたりと、0歳の頃から沢山の経験をさせることで脳の刺激になるので、何もしてもらえない赤ちゃんよりも、親のエゴや自己満足が沢山ある方が良いのではないかと個人的に思います。

ただ、真冬に初詣やお宮参をしたり、2キロもある餅を赤ちゃんに背負わせる儀式など、科学や医学的な根拠のないダジャレのような儀式には疑問を感じるので、昔からの風習だからと何も考えずに実行するのは考え物だと個人的には思います。

この手の儀式をするかしないかで夫婦でもめる方も多いのではないかと思いますが、子供をウイルスが蔓延する寒い人混みのなかに連れて行くのが正しいのかどうなのか、夫婦のなかできちんと話し合うともめなくなります。

赤ちゃんは母乳から母親の免疫を受け継ぐので病気にならないという人がいますが、本当に母乳を飲んでいるから病気にならないのか疑問です。

母乳さえ飲んでいればデング熱やジカ熱、ウイルス胃腸炎などにかからないのか疑問なので、誰か詳しい人がいれば教えて欲しいものです。

幸いなことに1歳の誕生日は10月上旬なので、ディズニーランドにお泊りして、親の自己満足を満喫してきます。

これから寒くなるので1歳の誕生日には折り畳み式のジャングルジムを購入する予定です。

あまり過保護にするのも良くないのですが、最近は予防接種を受けさせない人もいるそうなので、もう少し体力がつくまで娘を箱入り娘として育ていくつもりです。

-未分類