知らないと失敗する卓上IHクッキングヒーターの選び方

IHには大きく分けて、テーブルの上に置いて鍋料理をする卓上IH調理器と、オール電化住宅のキッチンにビルトインさせて使用するIHクッキングヒーターの2種類があります。

テーブルの上で使用する卓上IH調理器は、一般的な家庭で使える100Vの電源で使えるのに対し、ガスレンジの代わりとして使用するIHクッキングヒーターは200Vの電源が必要になります。

この記事の内容は、テーブルの上で鍋料理などを楽しむのに使う卓上IH調理器に関する情報となりますので、キッチンにビルトインして使うタイプの製品を知りたい方はこちらをお読みください。

IHクッキングヒーターを5年使用して思う嘘と本当の話

2015.08.18

卓上IH調理器はワット数が重要

寒い季節にテーブルの上で鍋をしたり、ワンルームなどのキッチンに置いてガステーブルの変わりに卓上IH調理器を購入される方もいますが、使用目的を意識せずに製品を選ぶと失敗してしまいます。


コンセントは基本100V 1,500Wまで

オール電化住宅のビルトインIHであれば火力の心配をする必要は全くありませんが、一般的な家庭で使用できる100V対応の製品には火力が極端に弱い物もあるので注意が必要です。

100V20Aのブレーカーで使える電力は最高でも1,500Wまでなので、1,400Wに対応した製品を選んでしまうとブレーカーが落ちるのではないかと心配して、800W前後の製品を選んでしまうことがあります。

単身者用の賃貸住宅などは契約している電気の容量が少ないことが多いので、ブレーカーが落ちることを心配するのは当然のことですが、火力の弱い800Wの製品を購入すると絶対に後悔します。

1,400Wに対応した卓上IH調理器には1,000Wのセーブ運転ができる製品もあるので、まずは1,400Wに対応した物を購入し1,000Wの運転でブレーカーが落ちないかお試しください。

800Wと1,000Wでは200Wの差しかないので大差ないと思うかもしれませんが、鍋料理やしゃぶしゃぶをする時に大きな差を感じるので、必ずオートセーブ機能ある1,4000Wの卓上IH調理器を購入してください。

一戸建てや分譲マンションなど単独で20A使えるコンセントのあるご家庭なら、1,400Wの強い火力で素早くお湯を沸かしたり炒め物や揚げ物料理など幅広い種類の調理が可能となります。

オール電化住宅で使用するIHクッキングヒーターは3kW以上の火力が出るので、1,000W~1,400Wの出力では力不足なのではと思うかもしれませんが、エネルギー効率の良いIHならあまり心配する必要はありません。

今まで、1,400Wに対応した卓上IHで鴨鍋や牡丹鍋、アンコウ鍋、もつ鍋などをしましたが火力が弱いと感じたことはありませんし、ダシモードが使えるので便利に使えてとても重宝しています。

炒め物や揚げ物にも使える

卓上IH調理器といえば鍋料理で使う方が多いのではないかと思いますが、キッチンに置いてガスコンロの代わりに炒め物をしたり、トンカツや天婦羅などの揚げ物料理に使用することもできます。


卓上IH調理器の使用例

卓上IH調理器で作る料理の定番と言えば鍋料理ですが、その気になればカレーライスはもちろん、衣がサクサクで肉がジューシーなミラノ風カツレツを作ることもできます。

こちらの料理は全て卓上IHで調理したキットOisixの料理なのですが、Panasonicの卓上IH調理器はタイマが使えるので、料理を焦がすことなくレシピ通りの時間で作業をすることができます。

卓上IH調理器はガスボンベを使うコンロとは違い、鍋底から炎がでないのでキッチンに置いてサブのレンジとしても使えますし、自動切タイマーがあるので料理に失敗することなく安全に使うことができます。

IH調理器はエネルギー効率が良い

カセットボンベ式のガスコンロが3,500Wの火力がでることを考えると、700WのIH調理器では火力が弱いと思うのは当然ですし、実際に使用してみると明らかに鍋料理をする時に時間がかかりストレスを感じました。


ガスはエネルギーロスが多い

一般的な100Vの家庭で使える卓上IHは1,400Wが最大出力となりますが、ガスの半分にも満たない出力では力不足ではないかと思うかもしれませんが、IHはガスよりも熱効率が良いので十分な火力となります。

ガステーブルを使用するキッチンが熱くなるのは、多くのエネルギーが調理器具に伝わらずにロスしているからで、鍋やフライパンを直接加熱させるIHで3,000W以上の火力を使用すると料理がすぐに焦げます。

熱効率が良い卓上IH調理器を使う時は、安物の底が薄い鍋やフライパンを使うと料理に失敗する可能性が高くなるので、WMFなどの長持ちするステンレスの調理器具を利用するのをおすすめします。

おすすめできない卓上IH調理器

最近はスーパーだけでなく、低価格戦略の家具屋やオシャレ雑貨屋でも卓上IH調理器を販売するようになりましたが、安全面や耐久性のことを考えると購入するのはできるだけ避けてください。


安い卓上IH調理器にはそれなりの理由がある

我が家でも、かわいらしいデザインと価格に惑わされてノーブランドの卓上IH調理器を購入したことがありますが、火力が弱い上に運転音が大きいですし保証期間の経過後すぐに壊れてしまいました。

カタログギフトでも卓上IH調理器を手に入れることができますが、高い電力を使う製品は本体の構造はもちろんケーブルの品質も重要なので、値段やデザインだけで製品を選ぶのはおすすめできません。

人気テレビ番組で、炊飯器と卓上IH調理器を合体させた一台二役の便利な家電お紹介がありましたが、その製品の最大出力が800ワットなのを考えると便利そうに見えますが正直おすすめできません。

お米を炊いている時にはダシすらとることができませんし、800Wの火力では鍋料理が完成するまで時間がかかることを考えると、テレビ番組の派手な宣伝に惑わされてはいけません。

番組終了後に予約が殺到しているようですが、コンビニで売られている一人用の鍋を食べるなら十分ですが、お友達を家に呼んだり家族団らんのひと時を鍋料理をしながら楽しむなら、炊飯器と卓上IH調理器は別々の揃える方がおすすめです。

後程紹介するPanasonicのホットプレートにもなる卓上IH調理器なら日常的に使えるのでおすすめしますが、一見便利そうに見える一台二役の製品は良く考えてから購入するようにしてください。


毎年モデルチェンジする製品には要注意

おすすめすの卓上IH調理器具は我が家でも使用しているPanasonicのKZ-PH33で、発売されてから数年経過した今でもベストセラーの人気商品としてネット通販や家電量販店で売られています。

スマートフォンなどはハイテク機器は日々進化していく物なので頻繁にモデルチェンジをするのは当然のことですが、これからも大きく進化することのない卓上IHで毎年モデルチェンジする製品は価格が高いだけで人気がありません。

心理的には数年前に発売された製品よりも、新しくモデルチェンジされた製品の方が良さそうに思いますが、実際は誤差とも思える僅かな変更を加えただけで、基本的な部分は大きく変わることはありません。

Panasonicの製品は何年もベストセラー製品として売られているだけに、鍋のシーズンになると在庫切れや価格が値上がりすることがあるので、鍋料理の季節になる前に購入されることをおすすめします。

2018年おすすめの卓上IH調理器はパナソニックで決まり

2018.01.16

基本はひと口がおすすめ

1,400W使える卓上IH調理器が一台あれば、鍋料理をしたり料理の保温をしたりと色々な使い方ができますが、口数がひとつしかないからと使い方を考えずに複数口ある製品を買うと失敗する場合もあります。


使う場所や用途で口数を決める

一般家庭の電気100V20Aで使える電気は1,500W以下となるので、二口のコンロを同時に使うとそれぞれの口で使用できる出力が大幅に低下してしまい、火力の配分を考えて使用しなければなりません。

どちらかを保温専用などにすれば使えなくもないですが、主菜と副菜を同時に調理するには火力が不足するので、一人暮らしのキッチンかホットプレートをメインとして使用する製品でなければ一口のものを選んでください。

複数口の卓上IH調理器はスペースが広くて使いやすい面もあるので、ワンルームの賃貸住宅に住む若い人や普段は調理をしない人が、安全目的でガスコンロの代わりに使用するケースが多くあります。

卓上IH調理器はPanasonicが一番おすすめ

Panasonicは、200VのビルトインIHクッキングヒーターで圧倒的なシェアを占めているだけに、卓上IH調理器でも火力や静音性に優れていたり機能が豊富な質の高い製品を販売しています。

Panasonicの卓上IH調理器で人気のKZ-PH33-Kは、ボタンの長押しでとろ火にして保温ができますし、ガスボンベ式にはない鍋だし作りコースや揚げ物の温度を自動コントロールもあります。

PanasonicのIH調理器は機能が豊富なだけに、他の卓上IH調理器よりも値段が少し高めですが、安全性を意識した機能や耐久性、静音性などを考えると値段以上に満足できる大変優れた製品です。


調理器具の底面が狭い物に対応

ある意味ワット数よりも重要なのが、調理器具の底面の面積が狭い物にも対応しているか否かで、鉄瓶やミニソースパンなどの小さな調理器具では加熱できない卓上IH調理器もあります。

VMFやCRISTELなどの素敵なステンレス鍋を購入したものの、調理器具の磁力発生コイルがカバーする範囲が狭すぎて、折角購入した片手鍋や鉄瓶などが使えないこともあります。

こちらの画像は我が家で使用しているPanasonicの卓上IH調理器で、加熱する調理器の面積が狭い南部鉄器の鉄瓶やミニソースパンでも問題なくお湯を沸騰させることができます。

この卓上IH調理器の磁力発生コイルの範囲は、スペックをみただけでは絶対にわからない部分なので、カタログスペックだけで製品の紹介をしている情報には注意してください。


Panasonicの卓上IH調理器は安全

高級なガステーブルには、火を消すタイマーなどの安全装置がありますが、卓上で使えるガスコンロや標準的なガステーブルには自動消火のタイマーがないので、IHを使用していると不安になります。

IHは、ビルトインタイプはもちろん卓上タイプの製品でも切タイマーが使えますし、消し忘れをしても自動で運転をオフにする機能があるので、火を使うカスよりも安心して使用することができます。

Panasonicの卓上IH調理器は安全性を重要視していているので、温度過昇防止機能、切り忘れ自動OFF、鍋無し自動OFF、揚げ物そり鍋自動OFFなど、卓上ガスコンロでは実現できない安全機能が充実です。

これはPanasonicの製品に限定した話ではありませんが、IHならガスの様に調理中に炎が衣類に燃え移る心配やガス漏れなどもないですし、万が一の時にもマグネット式のコンセントを抜けば加熱を停することができます。


有名しゃぶしゃぶ専門店で使われている

一個人にPanasonicの卓上IH調理器がおすすめと言われても説得力はありませんが、すき焼きやしゃぶしゃぶ店で使われている物がPanasonicだと聞くと、俄然説得力が増すのではないでしょうか。

有名しゃぶしゃぶ専門店「しゃぶ葉」で使用している卓上IH調理器は、わが家でも使用している1,400Wに対応したPanasonicの卓上IH調理器で、毎日開店から閉店までフル稼働しています。

パナソニックの卓上IH調理器がおすすめなのは、鍋料理や炒め物でも十分に使える1,400Wの火力を備えているからですが、他にも初めて来店した方が簡単に操作できるという点にあります。

だし汁を沸騰させる時には火力を強く、雑炊を作る時は弱火や保温にするのですが、誰もスタッフに説明を求めることなく当たり前の様に使えているので、高齢者の方でも安心して使うことができます。


Panasonicはオプションプレートが豊富

Panasonicのサイトで紹介している南部鉄器のたこ焼き用プレートをセットで購入すれば、専用の製品を購入しなくても家でたこ焼きパーティーができるようになります。

こちらの南部鉄器のプレートで作るたこ焼きは火の通りが良いので、中がトロトロ外はカリカリしたたこ焼きが作れますが、腕次第ではお店で売られているようなフワフワした感じにもなります。

他にも、天ぷら用鍋はもちろん、お好み焼きができる平面プレート、焼き肉用プレート、蒸しケースなど豊富なバリエーションがあるので、公式サイトをチェックしてみてください。

Panasonicの卓上IH調理器と南部鉄器のたこ焼きプレートを使用した調理例は、こちらの関連記事からご覧になれますので興味のある方は合わせてお読みください。

簡単美味しいIH調理器で初めてのたこ焼き作りに挑戦

2016.02.11

ホットプレートにもなる卓上IH調理器

少し値段は高いのですが鍋料理で使う卓上IH調理器はもちろん、お好み焼きや焼肉ができるホットプレートにもなる、PanasonicのKZ-HP2100という卓上IH調理器もあります。

Panasonic KZ-HP1100

KZ-PH33の本体が2.5Kgに対しKZ-HP2100は3.6Kgと重くサイズも大きいので、常時テーブルの上に置いてお湯を沸かしたり気軽に調理してご飯を食べるという使い方ができません。

ホットプレートも使える卓上IH調理器も、お好み焼きや焼きそばを作るだけでは勿体ないので、とても便利だけど手を出しにくい印象の製品でしたが、モデルチェンジして魅力的な製品に生まれ変わりました。

新しく発売されたパナソニックの卓上IH調理器は、ホットプレートにもなる製品としては業界初となるダブルIHを搭載していて、左プレートで肉を焼き右プレートで野菜を焼くなど、プレート毎に調理温度を設定することができます。

日常的にテーブルの上に置いて便利に使えるPanasonicのホットプレートにもなる卓上IH調理器KZ-CX1-Wの詳細について知りたい方は、こちらの関連記事も合わせてお読みください。

美しく便利に進化したIH調理器Panasonic IHデイリーホットプレート

2018.06.05
まとめ・卓上IH調理器はガスコンロよりも安全でエネルギー効率が良い
・1,000Wセーブ運転付きの1,400W対応製品がおすすめ
・鍋料理は一口タイプ、ホットプレートは2口タイプがおすすめ
・調理器具の底面が狭い物に対応しているのも重要
・IHはシェアNo.1のPanasonicがおすすめ
・ロングセラー&ベストセラーのKZ-PH33が便利でおすすめ
パナソニック IH調理器 ブラック KZ-PH33-K

パナソニック IH調理器 ブラック KZ-PH33-K

8,334円(12/14 21:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

卓上IH調理器におすすめの鍋

卓上IH調理器ではガスコンロと違い普通の土鍋が利用できないので、ステンレス製などの鍋を購入することになりますが、鍋選びをする時は少しだけ気をつけて欲しいことがあります。

鍋底にプレートを埋め込むことで、鍋料理をしている雰囲気が出るデザインのIHに対応した土鍋がありますが、これらの製品にはIHを痛めたり落ちた塗装を食べてしまう可能性があります。

鍋の塗装が落ちる

ステンレス製の鍋よりも雰囲気がでるので鍋料理をする時は塗装された製品を選びたくなりますが、使用する過程で塗装が落ちてしまうので、健康のことを考えるとおすすめできません。

卓上IHとステンレス鍋

我が家で使用しているのはステンレス製の鍋で、土鍋よりも雰囲気と保温性は若干劣りますが、鍋料理が温かいので想像していたよりも冷めにくいですし、軽く割れないのでとても重宝しています。

今までご当地鍋料理である博多の牛もつや牡丹鍋などを調理して食べてみましたが、特にステンレスだからと味に違いがでる訳でもないですし、塗装を食べる危険がないので安心できました。

博多モツ鍋調理例

土鍋は製品ごとに深さが違うので一概にこれが正しいと言えませんが、これから土鍋をお探しの方は下記のサイズを参考にしながら、製品をお求めになることをおすすめします。

ポイント6号:18cm前後:1人用
7号:21cm前後:2~3人用
8号:24cm前後:3~4人用
9号:27cm前後:4~5人用
10号:30cm前後:5~6人用

5人前用として購入した26cmのステンレス製土鍋ですが、実際に使用してみると4人前の大きさという感じがしたので、少し大きめの物を選んだ方が具材をより多く入れられます。

IH対応 土鍋風ステンレス鍋 もみじ 27cm SJ1858

IH対応 土鍋風ステンレス鍋 もみじ 27cm SJ1858

3,063円(12/15 01:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

こちらの関連記事では、我が家で使用している土鍋風ステンレス鍋を詳しく紹介していますので、ご興味のある方は合わせてお読みください。

卓上IH調理器で鍋をするなら土鍋風ステンレス鍋がおすすめ

2016.09.01

鍋料理には美味しいお米を

卓上IH調理器と鍋が決まれば、鍋料理と一緒に食べるお米にもこだわりたいもので、すき焼きなどの味の濃いものにおすすめなのが、コシヒカリと人気を二分した懐かしいお米ササニシキです。

ササニシキはコシヒカリと違いサッパリしていて、上品な味わいをしていることから和食やお寿司屋で今でも利用されていますが、鍋料理に向いているので是非食べてみてください。

卓上IH調理器と調理器具とお米が決まれば、後は美味しい鍋料理選びが必要になりますので、こちらの関連記事を参考にしながらご当地鍋料理を探してみてください。

一度は食べてみたいネットで注文できる美味しいご当地鍋料理

2016.06.30



この記事をシェアしてみませんか?

9 件のコメント

  • 参考になりました
    実際に使ってる方の使用感が聞けて良かったです
    早速注文しましたが、停電の時に備えてカセットボンベ式も常備していきます

    • やはり実際に使用している人の感想とそうでない説明では大きな違いがあると思います。
      コメントありがとうございます。
      とても励みになります。

  • 1月29日に卓上IH調理器に関する質問がありましたので、メールにて返信を行いましたが、ご入力いただいたメールアドレスに誤りがあるためエラーになりました。
    このメッセージに心当たりのある方は、再度お問い合わせフォームにて連絡をお願いいたします。

  • おかげさまでいい買い物ができました。どれを選べばいいかわからなかったので助かりました。
    ガスボンベ気にしなくていいのが最高です!

  • コメントを残す

    *