知らないと失敗する卓上IHクッキングヒーターの選び方

IHには大きく分けて、キッチンにビルトインするタイプと、卓上で使用するタイプがあります。

ここでは、キッチンにビルトインしたものをIHクッキングヒーターと呼び、テーブルの上で使用するものを主に卓上IH調理器と呼びます。

キッチンにビルトインされているIHクッキングヒーターは、オール電化などの200Vの電源が利用できる家庭でしか利用できませんので、IHクッキングヒーターをご検討されている方は、こちらの関連記事をお読みください。

IHクッキングヒーターを5年使用して思う嘘と本当の話

2015.08.18

※タイトルには卓上IHクッキングヒーターと表記していますが、卓上コンロなども含めて卓上IH調理器とします。

卓上IH調理器はワット数が重要

寒い季節にテーブルの上で鍋をしたり、キッチンに置くガステーブルの変わりに卓上IH調理器を購入される方も多いかと思いますが、使用目的を意識せずに見た目や値段、ダブルでIHが使えるという理由で製品を選んではいけません。

オール電化住宅であればIHクッキングヒーター用に200Vの電源が用意されていますが、一般的な家庭は100Vが主流です。

100Vの20Aなら2kw使えると思うかもしれませんが、電源タップをみるとわかるように、一般家庭で使用する家電製品は1,500Wが限界です。

オール電化住宅で使用するIHクッキングヒーターは3KWの火力のものがあるので、その約半分である1,400Wでは力不足と思う人もいるかもしれませんが、卓上で調理するなら十分な火力です。

1,400ワットの卓上IH調理器がおすすめ

すき焼きやしゃぶしゃぶ店で使われている卓上IH調理器は100Vで使える1,400Wの製品なので、お店と同じものを選んで購入すれば家庭でも問題なく使えます。

IHの知識がない時に購入した700Wの卓上型IHクッキングヒーターは、明らかに力不足で鍋を沸騰させるのにかなり時間がかかりました。

火力の強いキッチンのIHクッキングヒーターで素早く調理し、700Wの卓上IH調理器で保温をしながらご飯を食べていた時は不便だと感じていました。

オール電化住宅ならこの様にIHの使い分けができますが、食卓で調理と保温を同時に済ませたいのであれば、1,400Wが使えるIHクッキングヒーターを購入してください。

ただし、1,400WのIHなら何でも良いかというとそうでもなく、余程のことがない限り一口のヒーターを選んだ方が無難です。

100V20Aで使える電化製品は1,500W以下の消費電力となるので、コンロを同時に使うと一口で使用できる出力が大幅に低下します。

どちらかを保温専用に使用するなら使えなくもないですが、いずれにせよ火力不足を感じるかもしれないので、特に理由がない限り一口のものを選んでください。

卓上IH調理器はPanasonicが人気

Panasonicは、IHクッキングヒーターの圧倒的なシェアを占めています。

そんなPanasonicは、古くから卓上IH調理器を販売しているだけに、火力や静音性に優れているだけでなく機能も豊富です。

そんな訳で、私がおすすめする卓上IHクッキングヒーターは、こちらです。

Panasonic KZ-PH33-K

美しいガラストップに部屋が映り込んでいるのがおわかりになりますでしょうか。

音も他のメーカーの卓上IH調理器と比べても静かです。

人に薦めるからには自分の家でも使用していないと説得力がないので、我が家でも同じものを購入してみました。

こちらの製品は2014年9月発売の製品ですが、卓上IH調理器はある意味完成形で毎年モデルチェンジしないので、2016年現在でも最新の製品です。

PanasonicのIH調理器は、今年もAmazonベストセラーの人気商品で、年末にかけて在庫が不足する場合があるので、お早目の購入をおすすめします。

オプションプレートが豊富

Panasonicのサイトで紹介しているたこ焼き用プレートをセットで購入すれば、専用の機械がなくてもたこ焼きパーティーができます。

たこ焼き中

オプションには、天ぷら用鍋はもちろん、たこ焼き以外にもお好み焼きができる平面プレート、焼き肉用プレート、蒸しケースなど豊富なバリエーションがあります。

Panasonicの卓上IH調理器を使用した、たこ焼きのパーティーの様子は、こちらからご覧になれます。

簡単美味しいIH調理器で初めてのたこ焼き作りに挑戦

2016.02.11

有名しゃぶしゃぶ専門店でも使われている

私がおすすめするPanasonicの卓上IH調理器は、「しゃぶしゃぶブッフェ しゃぶ葉」で使われているものと同じで、どの製品を選べばわからない人はこちらの製品を購入すれば安心です。

すき焼き専門店しゃぶ葉

この製品がおすすめなのは、鍋料理でも使える1,400Wの出力を備えていますが、とろ火機能とブレーカーが落ちないように1,000Wセーブ運転機能がついているからです。

この製品はもちろん、他社の製品でも揚げ物コースがついたりと多機能をアピール製品がありますが、卓上IH調理器を選ぶ時は機能面よりも、火力の強さで製品を選ぶのが一番です。

その点、この卓上IHクッキングヒーターは1,400Wの出力が可能なので、安くてコンパクトな卓上IHクッキングヒーターをお求めなら、この製品をおすすめします。

KZ-PH33とKZ-PG33の違いは、鍋が付属しているかしないかの違いのようです。鍋が付属しているものを選ぶならKZ-PG33をお選びください。

中華鍋も使えるIHクッキングヒーターの調理器具事情

2016.03.15

Panasonicの卓上IH調理器は機能が充実

Panasonicから発売されている卓上IH調理器は、とても機能が充実しています。

KZ-PH33-K、KZ-PG33-Kの製品マニュアルに保温に関する説明はありませんが、ボタンの長押しでとろ火にして保温ができます。

意外と保温機能がない卓上IHクッキングヒーターが多くありますので、お湯を沸かした後にとろ火で保温したい人にもおすすめできる製品です。

ホットプレートにもなる卓上IH調理器

少し値段が張りますが鍋以外にもホットプレートとして使える、PanasonicのKZ-HP2100という卓上IH調理器もあります。

Panasonic KZ-HP1100

KZ-PH33の本体が2.5Kgに対し、KZ-HP2100は3.6Kgと重くサイズも大きいので、気軽に取り出すという訳にはいきません。

ですが、卓上IHだけでなくホットプレートも別で購入するとなる収納に困るのは間違いないので、こちらも検討されてみてはいかがでしょうか。

卓上IH調理器は、焼肉やタコ焼きなどを手軽に行えるオプションのプレートがあるので、鍋以外の季節でも重宝します。

デザインだけで選んではいけないホットプレートの選び方

2016.09.20

卓上IH調理器におすすめの鍋

IHは普通の土鍋が利用できないので、金属製の鍋を購入することになりますが、鍋選びの時は少しだけ気をつけて欲しいことがあります。

土鍋にプレートが埋め込まれているものや、土鍋風に塗装された製品がありますが、これらの製品にはIHを痛めたり、塗装が落ちてしまう製品があります。

鍋の塗装が落ちる

ステンレス製の鍋よりも雰囲気がでるので塗装された製品を選びたくなりますが、使用する過程で塗装が落ちてしまうので、健康のことを考えるとおすすめできません。

卓上IHとステンレス鍋

我が家で使用しているのはステンレス製の鍋で、土鍋よりも雰囲気と保温性は劣りますが、とても軽い上に割れないので重宝しています。

試しにご当地鍋料理である博多の牛もつを調理してみましたが、2人分なら余裕で4人前でも行けます。

博多モツ鍋調理例

製品ごとに深さが違うので一概に言えませんが、土鍋を選ぶ時のサイズはこのようになります。

6号:18cm前後:1人用
7号:21cm前後:2~3人用
8号:24cm前後:3~4人用
9号:27cm前後:4~5人用
10号:30cm前後:5~6人用

実際に料理が入る部分のサイズを測ると26cmくらいなので、5人前用の鍋というよりも4人前用の鍋として考えた方が良いでしょう。

私がおすすめする土鍋風ステンレス鍋の詳細と購入はこちらになります。

卓上IH調理器で鍋をするなら土鍋風ステンレス鍋がおすすめ

2016.09.01

目的に合う卓上IH調理器と鍋が決まれば、次は美味しい鍋料理も必要になりますので、こちらの関連記事もおすすめです。

やっぱり美味しい!本場博多の牛もつ鍋をお取り寄せしてみた

2016.10.16

この記事をシェアしてみませんか?

1 個のコメント

  • コメントを残す


    *