40代子育て伝説

40代からスタートした子育ての記録

未分類

出産祝いにもらえて嬉しいものとそうでないもの

赤子が産まれてから沢山の出産祝いを頂きました。

友人から頂いたものは赤ちゃんの服が一番多く、次にバスタオルという感じですが、身内からは現金が一番多いという感じです。

どれもうれしいのですが、一番うれしいのは赤ちゃん用の服ですね。

おもちゃは今もらっても反応が薄いので、役立つベビー服はあるだけ助かります。

ただ、もらう立場で言うのもなんですが、親の好みもあるので聞けるものなら聞いた方が得策です。

高級な部類のベビー服であれば喜んでもらえると思いますが、家族から流行りだからと下町ヤンキーが着そうなデザインの服をもらったのですが、正直赤子に着させるのは躊躇います。

服の場合、好みが合わなければ着させなければ良いだけですが、友人はデロンギのオイルヒーターをプレゼントされて困惑したそうです。

高価な電化製品なだけに簡単に捨てる訳にもいきませんし、使用したらしたで電気代が2万円越えして家計を圧迫したそうです。

オイルヒーターは空気が汚れないので、赤ちゃんのことを考えると一番なのですが、即暖性がない上に消費電力がが高いので、自分で購入しようと考えているくらいでないと喜んでもらえません。

今までプレゼントで要求されたのは、ダイソンのハンディクリーナーや、高級浄水器、マクラーレンのベビーカーで、どれも5万円越えするものばかりでしたが、使用してもらえないと無駄になるので、事前に要望を聞いた方が絶対に無難です。

現金を渡すのもよいのですが、何か喜ばれる物を贈られた方が記憶に残るはずです。

また、プレゼントを入院中に受け取ると荷物になるので、退院後に家に届けるようにした方が助かります。

今まではプレゼントする立場でしたが、立場が変わると視点も変わるようです。

そんな我が家が希望するおすすめする贈り物はこちらになります。

ちょっとした掃除をするときに、ハンディタイプの掃除機にもなる、エレウトロラックスのスティックタイプのコードレス掃除機は便利だと思います。

因みに、お見舞いで困ったのは巨大な揚げ物で、病院食は栄養バランスを計算しているので、食べ物はあまり喜ばれないと思います。

そういえば、知り合いの出産見舞いの時に見かけた家族で、産まれたばかりの新生児のいる部屋でケーキをバクバク食べて大騒ぎしだしたのには驚きました。

世の中にはいろんな人がいるもんだなと感心しました。

-未分類