子育て伝説

40代からスタートした子育ての記録

未分類

娘からのはじめてのキスに親父が有頂天

1歳になる前からお母さんだけに頬のキスをしていた娘が、1歳1か月になり初めて父親にちゅうをしてくれました!

ネットをみていると子供ができると大変だとか、自分を犠牲にしなければならないとかネガティブな意見が多いのですが、大変なことよりも今は確実にいいことが増えていると思います。

娘からのキスがこんなに嬉しいものとは数年前では思いもしません。

今までも何かしらの人生の目標みたいなものがありましたが、これからは娘のために生きるという大きくて明確な目標ができて嬉しく思います。

今は無条件にお母さんやお父さんを好きでいてくれますが、これが中学生や高校生になると徐々に離れてしまうので、今のうちに娘べったりな生活を満喫したいと思います。

できれば娘の誕生日にはディズニーランドに泊まりで遊びにいきたいし、良い環境で育てていきたいし、やりたいことがあればどんどんやらせてあげたいと思います。

今までの人生、どちらかというと無欲な生き方をしてきましたが、子供ができた途端に色んな欲がでてきたと思います。

40歳を過ぎてからの子供なので、娘の結婚や孫が産まれた時の手助けができるかわかりませんが、できれば元気に長生きして娘を助けてあげたいと、今から30年後のことばかり考えてしまいます。

今から30年後の世界がどの様になっているか想像もできませんが、少なくとも経済的な負担や介護での苦労をさせたくないので、今のうちにお金を稼いで貯めていきたいと思うようにもなりました。

どちらかというとキリギリスタイプの自分が、娘のためにどれだけ財産を残してあげられるかはわかりませんが、出産や孫の教育の補助をできるくらいまでの余裕はもちたいものです。

子供が産まれてから1年間は出費が多すぎて我が家の経済が破綻していましたが、最近になり消費するものや新たに購入しなければならないのがなくなりましたので、何とかプラスになりそうです。

娘が3歳までは保育園に預けず、習い事をさせる予定なので、今まで以上に稼がなければならないのですが、何か効率よく稼げるものはないものかと考えてばかりです。

当たらない宝くじに将来を託すよりも、1円でも多く自力で稼ぎたいと思うようになれたのは、きっと娘のおかげです。

後は気持ちに行動力と才能がついていくだけですが、年齢を言い訳に自分の限界をつくらないようにしたいものです。

40代の子育ては体力的に結構大変だとおもいますが、今まで散々遊びつくしたので、自分の遊ぶ時間が欲しいと思わないのが良いところではないでしょうか。

自分が遊ぶよりも娘が楽しめる場所や遊びがないか考えるのが今は楽しくてしかたがありません。

-未分類