とろり濃厚☆玄米甘酒を買ってみた

もうすぐ妊娠38週です。

お腹が重くてすぐ息切れしてしまう今日この頃。
赤子の洋服を編みつつ、家でゆっくりと残り少ない妊婦生活を楽しんでいます。

甘酒好きな私と夫

やっぱり甘酒を飲んでいると体の調子が良いので、つわりが終わったくらいからまた玄米甘酒をカモシコで手作りしてました。

ほんとは糀を取り寄せて、手作りを続けたいのだけれど、もういつ生まれてもおかしくない正産期に入り、カモシコで甘酒を醸してる間に陣痛がきたらせっかくの糀が無駄になってしまう!と思い、いったん手作りを止めて、市販の甘酒を購入してみました。

毎朝、夫婦で飲んでます~!

妊娠中も授乳中も甘酒で栄養摂取

飲む点滴と言われてる甘酒なだけに栄養が豊富なので、妊娠中、授乳中に飲むと良いみたいです。
酒粕の甘酒も良いけど、ノンアルコール、ノンシュガーの米麹の甘酒が特に良いみたい。

産後の疲労回復にも効くみたいだし、やっぱり米麹の甘酒は最強だな。

でも飲みすぎはカロリー取りすぎで逆に良くないので注意っす。
1日200mlくらいまでがよいみたい。

ということで、産後も続けて飲むよー!甘酒!

気になっていた玄米甘酒を購入

昨年参加した発酵食大学のオープンキャンパスで試食した玄米甘酒をもう一回飲みたいな!と思い、さっそく購入。

購入したのは、ヤマト醤油味噌の玄米甘酒。
玄米と米糀だけで出来てます。
送料無料になるので、12本セットを購入。
ヤマト醤油味噌玄米甘酒

ヤマト醤油味噌は石川県金沢市の老舗発酵食品店。
こちらの玄米甘酒は日本初の甘酒博士が味噌蔵の糀でつくったらしい。
もちろん糀の甘酒なのでノンアルコール、砂糖不使用。
豊富なアミノ酸と玄米の食物繊維もとれちゃう!

いいね!玄米甘酒!

さっそく飲んでみる

とろとろ玄米と瓶に書いてあるとおり、とろとろしてます。
家で作るのとはちがって、粒なしです。

まずはそのまま!

とろとろしていて、おいしいけど、そのままだとやっぱ濃いっす!
甘さはやっぱり自分で作るよりも甘い。
やっぱプロが作ると甘さが際立ってすごいな~。

何かで割ったほうが飲みやすいかも

いつも甘酒を家で飲むときは豆乳で割って飲んでいるので、いつもみたいに割って飲んでみる。
割合は玄米甘酒100ml、豆乳100mlの1:1です。

そんで、お腹の赤子が寒がらないように、40℃くらいに電子レンジで少し温めて飲んでみました。
私はやっぱり豆乳で割ったほうが好きだな~。
甘さもちょうど良くなるし、飲みやすいです。

夫も私が作る手作り甘酒はいつも豆乳で割るのだけれど、この玄米甘酒はお湯で割るのが好きみたいで、毎朝お湯で割って飲んでいます。

1本490mlなので、毎日飲んでると12本は結構すぐなくなっちゃう勢いです。
この玄米甘酒を使ってお菓子とか料理とかも作れるらしいので、出産前に余裕があったら作りたいな。

ヤマト醤油味噌 玄米甘酒(げんまいあまざけ 490ml)

ヤマト醤油味噌 玄米甘酒(げんまいあまざけ 490ml)

648円(08/18 00:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

*