手軽で簡単!発酵バターをつくってみた

前は雪印の無塩バターをリピートしていた私。
だけど、急にバターが品薄になったよね!
わけわからん!

料理にはあんまり使わないけど、パンを作るときに必要なのにな~、どうしよー。
と色々調べていたら、発酵バターは家で作れるっていうのを本で知りました。
こりゃ作るしかない!ってことで、さっそく作ってみた。

まずは材料から

発酵バター材料
生クリーム(無添加 乳脂肪分45%) 200ml
プレーンヨーグルト(無糖) 大さじ2
塩 小さじ1/4

生クリームからバターが出来るんだねー。
生クリームをヨーグルトの乳酸菌で発酵させたらバターになるんだって。
こどものとき、このことを知ってればもっと料理に興味を持ったかもな~。

生クリームですが、乳化剤とか安定剤などの添加物が入っているものでは発酵バターは作れないのでご注意を。
純生クリーム表記
上の写真のように「クリーム(乳製品)」という表示だったら牛乳以外の原料は使ってないってことみたいです。
で、乳脂肪分が高い方が発酵バターが濃厚になるみたい。
私はうちの近くで売ってる生クリームで一番乳脂肪分が高いのが45%なので、45%のものでいつも作っています。

さっそく作ってみる

生クリームにヨーグルトを入れて混ぜる

ヨーグルトを入れて混ぜる
ボウルに生クリームを全部入れて、そこにプレーンヨーグルトを大さじ2入れます。
そして混ぜます。
混ざったら、ラップをして室温で2時間くらい置いておきます。
ラップして2時間置く
室温で2時間置いてるときに乳酸菌で生クリームが発酵していくのかなー。
たぶんそうだと思うけど、どうなんだろう。

ぜんぜん話は違うけど、シリコンラップめっちゃいいです。
洗うのがめんどいってのがあるけど、繰り返し使えるから節約になる!
それに滑り止め的に使えるしね。
普通のラップも買ってあるけど、シリコンラップのおかげでぜんぜん無くなりません。
兼用するのがおすすめ!

冷やしながら撹拌する!

ハンドミキサーで撹拌
ひと回り大きいボウルに冷たい水(氷水とか)を入れて、その上に室温で置いておいたボウルを置いて、冷やしながら泡だて器で撹拌します。
私はハンドミキサーで撹拌してます。
撹拌してると、どんどん泡立ってきて、急に塊が出来てきます!
バターの塊ができる
こんな感じに、つぶつぶした塊のバターと、バターミルクっていう水分が出来上がります。

バターとバターミルクを分ける

バターとバターミルクを分ける
バターと水分とざるでこして分けます。
おぉー!バターっぽくなってきた!

水分はバターミルクっていうんだけど、低カロリーで栄養満点。
捨てたらもったいないので、料理とかお菓子を作るときに使ったりするといいと思う。
私はいつもパンを作るときに材料として使ってます。
ちなみにバターミルクはこれくらい取れました。
バターミルク
100mlくらいかな。
どれくらいか忘れちゃいました><;
でも確かそれくらいだったと思う。

バターの水分を取って塩を混ぜ、完成!

バターの水分をとる
キッチンペーパーでバターの水分をとります。
しっかり水分をとらないと、容器に入れた後、水分が出てきちゃうので注意です。

そして、塩を混ぜて、容器に入れて発酵バター完成!!
発酵バター完成!
96gできました!
ふわっふわです。

ラップをして冷蔵庫に入れると、普通のバターみたいに硬くなるんだけど、使うときはふわっと溶けて、やっぱりちょっと違います。
味も普通のバターより濃厚かも。
無塩バターにしたいときは、塩を入れなければよいです。

こんなに簡単に作れるので、ここ半年くらい市販のバターは買ってないです。
代わりに生クリームとプレーンヨーグルトを買ってきて手作りしています。
簡単楽しいのでおすすめです!

コメントを残す

*