きてなかったです…

これは!と思って安静にしていましたが、俗にいう化学的流産になったのか、生理がきてしまいました。
今までの不妊治療の中で初めて妊娠期待率が高かったので(自分の中でだけだけど)、結構落ち込みましたね。

生理予定日から4日間の、ついに待望の赤子が私のおなかに宿ってるかも!というドキドキ、これで不妊砂漠から抜け出せるかも!という期待感。
心地よかったです、ほんとに。

今回の教訓。
フライング検査は精神衛生上良くない。

気になって気になってしょうがないんだけども、やっぱりいつもの数倍がっかり感と落ち込み度がハンパなかったわー。
とりあえずこの満たされない気持ちは、吉田戦車の「まんが親」を1巻から3巻まで繰り返し読んで補完しておきました。

でも、1つだけ希望というか、前向きに思えることもありましたよ。
9月は排卵日あたりに夫が夏休みをとって旅行にいったので、クリニックでの卵胞検査とかできないから通院はお休みってことで、自分で排卵検査薬を買ってタイミングを計ったわけです。
それで、自分でドラッグストアで購入してフライングで妊娠検査薬を使ったわけですが、今回の妊娠検査薬の反応を考えると、薄くだけど陽性になっていたわけだから、受精したけども着床できなかったということが考えられるわけです。

ということは、今まで妊娠検査薬が陽性になるなんてなかった私にとっては、人工授精じゃなくても普通にタイミングとってもとりあえず受精はできる!と思いました。
あとはイイ感じに着床してくれればよいんだ!(超前向き

また体調を整えて1からがんばりますよ、今月も。
今回、妊娠してるかも時期の夫の嬉しそうなワクワク顔も忘れられないので、まだまだあきらめられませんな。

妊娠の先輩の妹からも体を温めるために生姜紅茶を進められたので、それも取り入れてみます。
どんどこい!不妊治療!(気合をいれてみた

photo credit: AlicePopkorn via photopin cc

photo credit: AlicePopkorn via photopin cc

コメントを残す

*